F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

予選2番手のピアストリにペナルティ。マグヌッセンへの妨害で決勝3グリッド降格/F1第7戦

2024年5月19日

 5月18日にイモラ・サーキットで行われた2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPの予選を2番手で終えたオスカー・ピアストリ(マクラーレン)に対し、Q1でケビン・マグヌッセン(ハース)を妨害したとして、決勝での3グリッド降格ペナルティが科された。


 問題となったのは、エミリア・ロマーニャGP予選Q1セッションのタンブレロコーナーで、アタックラップに入っていたマグヌッセンの前をアウトラップのピアストリが走行し、マグヌッセンがアタックを止めてしまった場面。


 予選終了後、レーススチュワード(審査委員会)は両ドライバーおよびチーム代表から話を聞いたうえで、テレメトリーデータやオンボードカメラ映像などを確認。最終的にピアストリがマグヌッセンを「不必要に妨害した」と判断し、決勝での3グリッド降格ペナルティを科した。


 スチュワードは「コースレイアウトの影響でマグヌッセンを確認することができなかった」というピアストリの主張を受け入れたものの、マクラーレンF1チームは無線でマグヌッセンの接近を知らせておらず、両車には約140km/hの速度差があることを確認した。


「特に予選Q1では、遅いクルマのトラフィック・マネージメントはチームとドライバーにとって非常に重要な部分だ。今回の場合は、十分な警告の欠如が“不必要な妨害”を引き起こしたと判断する」とスチュワード。


 この結果、ピアストリには3グリッド降格ペナルティが科され、ランド・ノリス(マクラーレン)がポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と並ぶ2番手、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツのフェラーリ2台がセカンドロウの3番手、4番手に繰り上がり、ピアストリは5番グリッドから決勝をスタートすることになる。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号