F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ノリスが劇的展開でスプリント予選トップに。FIA、最速タイムを抹消も、後に復活させる/F1中国GP

2024年4月19日

 2024年F1中国GPの金曜、マクラーレンのランド・ノリスはスプリント予選で1番手を獲得した。


 雨の中で行われたSQ3の最終アタックで、ノリスは1分57秒940でトップに立った。そのタイムが一度抹消されて9番手に落ちた後、タイムが回復され、ノリスは最終的に予選トップの座をつかむことができた。

ランド・ノリス(マクラーレン)がスプリント予選でトップ
2024年F1第5戦中国GP ランド・ノリス(マクラーレン)がスプリント予選でトップ


 最終ランにおいてノリスは最終コーナーでトラックリミット違反を犯し、このラップ(2分00秒863)と、その後のラップ(1分57秒940)が抹消された。サーキットによっては、トラックリミット違反を犯した次のラップのタイムも自動的に取り消される。しかし今回、レースディレクターが事前に発表するイベントノートには、次のラップについても抹消するとの記載はなかった。上海インターナショナル・サーキットでは、最終コーナーでのトラックリミット違反が必ず翌周の大きなアドバンテージにつながるとは限らないためとみられる。


 マクラーレンのアンドレア・ステラ代表は、『Sky Sports』に対し、この件について語り、ノリスは、トラックリミット違反により次のラップで大きなアドバンテージを得たわけではないとみなされ、いったん取り消されたタイムが回復されたと説明した。


「FIA自身が、タイムを復活させた。最終コーナーでコースオフすれば、スピードが大幅に低下する。ランドはその前の周の最終コーナーでコースオフしたことで、0.3秒近くを失っているのだ」

ランド・ノリス(マクラーレン)がスプリント予選でトップ
2024年F1第5戦中国GP ランド・ノリス(マクラーレン)がスプリント予選でトップ


■ランド・ノリス(マクラーレン・フォーミュラ1チーム)
FP1 16番手(1分38秒630:ハードタイヤ/21周)
スプリント予選 1番手(SQ1=2番手1分36秒384:ミディアムタイヤ/SQ2=5番手1分36秒047:ミディアムタイヤ/SQ3=1番手1分57秒940:インターミディエイトタイヤ)


 最終ラップは一か八かのアタックだった。最初の2回は両方とも断念したんだ。ウエットコンディションがどんどんひどくなってきて、実際、最後の2周のコンディションはかなり悪かった。それまでにいくつかミスをしてしまったから、少し緊張していたし、アクアプレーニングがひどくなっていた。


 それでもすごく楽しかった。わくわくするよ。トップに立つことは、まさに目指していたことだからね。トップというのは少し驚きだけど、チームが素晴らしい仕事をしてくれて、とてもうれしい。マシンの感触もよかったし、僕自身もいい仕事をした。それが報われたんだ。

ランド・ノリス(マクラーレン)
2024年F1第5戦中国GP ランド・ノリス(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/22(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号