F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズが2024年型F1マシン『FW46』を初公開。アルピーヌもバーレーンでシェイクダウンを実施

2024年2月21日

 ウイリアムズF1チームは、2月20日、2024年型マシン『FW46』をバーレーン・インターナショナル・サーキットで走らせ、ニューマシンを公開した。ウイリアムズは5日に発表会を実施したが、その際にはマシンのカラーリングを披露するにとどまった。


 21日からプレシーズンテストを開催するバーレーンで、前日にウイリアムズはシェイクダウンを実施。これに伴い、チームはローガン・サージェントが乗る『FW46』の数枚の画像と短い動画を公開した。

ウイリアムズF1チームが2024年型マシン『FW46』をシェイクダウン(ローガン・サージェント)

ウイリアムズF1チームが2024年型マシン『FW46』をシェイクダウン(ローガン・サージェント)


 ウイリアムズは、『FW46』において、過去の問題を克服し、バランスの取れたマシンにすることを目指した。


 チーム代表ジェームズ・ボウルズは、ニューヨークでの発表会の際に、ニューマシンに関して語り、エンジニアは大幅に異なるプロセスとシャシーテクノロジーを利用し、大胆なアプローチで2024年型を設計したと語った。


「このマシンにおいてやってきたことは、すべてに関して限界まで押し上げることだった。シャシーテクノロジーが異なり、他のテクノロジーのいくつかに関しても、以前のものとは大きく異なる」


「こうした変更は、ひとつの組織にとって非常に大きなものだ。そのうちのいくつかは、我々が望んでいた場所よりさらに先に進むよう、我々に挑むものでもあった」


 20日、バーレーンでは、アルピーヌが『A524』のシェイクダウンを実施、ピエール・ガスリーとエステバン・オコンが走行した。この日はメルセデスもフィルミングデー走行を行っている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

4/19(金) フリー走行 12:30〜13:30
スプリント予選 16:30〜17:14
4/20(土) スプリント 12:00〜13:00
予選 16:00〜
4/21(日) 決勝 16:00〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン77
2位セルジオ・ペレス64
3位シャルル・ルクレール59
4位カルロス・サインツ55
5位ランド・ノリス37
6位オスカー・ピアストリ32
7位ジョージ・ラッセル24
8位フェルナンド・アロンソ24
9位ルイス・ハミルトン10
10位ランス・ストロール9

チームランキング

※日本GP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング141
2位スクーデリア・フェラーリ120
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム69
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム34
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム33
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム7
7位マネーグラム・ハースF1チーム4
8位ウイリアムズ・レーシング0
9位ステークF1チーム・キック・ザウバー0
10位BWTアルピーヌF1チーム0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第5戦中国GP 4/21
第6戦マイアミGP 5/5
第7戦エミリア・ロマーニャGP 5/19
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.3 第2戦サウジアラビアGP&第3戦オーストラリアGP