F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「スタートは文句なしだったが、僕にはどうすることもできなかった」ウイリアムズ F1第21戦決勝

2023年11月7日

 2023年F1第21戦サンパウロGP(ブラジルGP)の決勝レースが行われ、ウイリアムズのローガン・サージェントは11位、アレクサンダー・アルボンはオープニングラップでのクラッシュによりリタイアでレースを終えた。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=11位(70周/71周)

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2023年F1第21戦サンパウロGP ローガン・サージェント(ウイリアムズ)

 トリッキーなレースだった。今日はとにかくペースが悪くて、アルファタウリ勢と戦えるだけの力はなかった。多くのクルマがリタイアしたという状況を活かしたかったけど、タイヤのデグラデーションに苦しみ、速さが十分ではなかった。


 ただ、それを別とすれば、最後までクリーンに71周を走りきれたことに満足している。今回も大きなミスのない日曜をすごし、特に燃料が軽い状態では、この週末に必要とされていたレベルのペースも示せた。ここから少し態勢を立て直して、この調子をベガスでも維持したい。僕にとっては、次もまたホームレースだからエキサイトしているよ。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(0周/71周)

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2023年F1第21戦サンパウロGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 スタートは文句なしだった。グリッド上で一番いいスタートを切ったうちのひとりだったと思う。だけど、外からの映像をチェックしたところ、インサイドにいたドライバーには右側の2台(アルボンとニコ・ヒュルケンベルグ)が見えていなかったようで、僕にはどうすることもできなかった。レースを通じて多くのリタイアがあり、アクシデントの余波で順位を下げたクルマもあったことを考えれば、僕らがポイントを稼ぐチャンスはあったはずだ。選手権争いはとてもタイトだから、その機会を逃したのが残念だ。言うまでもなく、今日の僕らには運がなかった。もう次のベガスのことを考えることにして、またチャンスがあればそれを最大限に活かしたい。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編