F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、バルセロナのコースレイアウト変更に期待「誰にとっても素晴らしいショーができるよう願う」

2023年4月25日

 アストンマーティンのフェルナンド・アロンソは、バルセロナ-カタロニア・サーキットの最終シケインを廃止することで、F1スペインGPでは「走行がもっと楽しくなる」はずだと考えている。


 6月、バルセロナはF1の過酷な晩春のトリプルヘッダー最終戦を開催する。レイアウトはわずかに改修されて高速化され、FIAの認証を受けた。コースの最終右コーナー前にあるターン14から15のシケインは、マシンの速度を落とすためのものだったが、廃止された。このシケインは、バルセロナのメインストレートを走るドライバーのオーバーテイクのチャンスを著しく制限してしまい、F1のDRSを実質的に効かなくしていたことが主な理由だ。


 新たにテックプロのバリアが最後の2カ所の高速右コーナーに設置され、グランプリコースの公式な距離は以前の構成より18メートル短い4.657kmになる予定だ。

バルセロナ−カタロニア・サーキット(2022年)
バルセロナ−カタロニア・サーキット(2022年)


「問題ないと思うし、おそらく走るのがもっと面白くなるだろう」とアロンソは語った。


「このF1マシンとマシンサイズでは低速すぎると思っていたコーナーだ」


「走行していてあまり面白くなかったと思う。でも新しいレイアウトがオーバーテイクやレース全体でショーの役に立つのかどうかは、まだわからないね」


「僕はF1も含めてあのレイアウトで何年かレースをしてきたので、もっとドライブが面白くなると思うし、誰にとっても素晴らしいショーができるよう願っている」


 アロンソはアストンマーティンの強力な勢いを、アゼルバイジャンGPから始まる今後の一連のレースにつなげたいと考えている。アゼルバイジャンの翌週末はマイアミに移動し、その後はイモラ、モナコ、そしてバルセロナでのレースとなる。


 2006年と2013年の母国グランプリで優勝しているアロンソは、今後はチームがシーズン最初の大規模アップグレードを導入することもあり、興味深い時期になるはずだと考えている。


「今は予選がかなり重要なようだ。レースペースはとても似通っているからだ。これからはシーズンのとてもおもしろい時期に入ろうとしていると思う。どのチームがより速くマシン開発を行っているだろう?」


「最初の3戦はヨーロッパから離れているので、アップグレードなどを持ち込むのが難しいと思う」


「でもこれからはレースごとに各チームのレベルが少々変わるところを目にするかもしれない。どのチームが十分に優れたアップグレードを投入するかによってね」

フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)
2023年F1第3戦オーストラリアGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/4(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※モナコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン144
2位セルジオ・ペレス105
3位フェルナンド・アロンソ93
4位ルイス・ハミルトン69
5位ジョージ・ラッセル50
6位カルロス・サインツ48
7位シャルル・ルクレール42
8位ランス・ストロール27
9位エステバン・オコン21
10位ピエール・ガスリー14

チームランキング

※モナコGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング249
2位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム120
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム119
4位スクーデリア・フェラーリ90
5位BWTアルピーヌF1チーム35
6位マクラーレンF1チーム17
7位マネーグラム・ハースF1チーム8
8位アルファロメオF1チーム・ステーク6
9位スクーデリア・アルファタウリ2
10位ウイリアムズ・レーシング1

レースカレンダー

2023年F1カレンダー
第8戦スペインGP 6/4
第9戦カナダGP 6/18
第10戦オーストリアGP 7/2
第11戦イギリスGP 7/9
第12戦ハンガリーGP 7/23
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦アゼルバイジャンGP & 第5戦マイアミGP合併号