F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:2台で明暗が分かれた予選。ペレス、FP3で発生した「技術的な問題」を修正できずQ1敗退

2023年4月1日

 グランプリ初日、天候に左右されたとはいえ、トップタイムで締めくくることができなかったレッドブルだが、一夜明けた土曜日は、前戦サウジアラビアGPまでの速さを取り戻してきた。


 午後12時半から開始されたフリー走行3回目で、マックス・フェルスタッペンがフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)とエステバン・オコン(アルピーヌ)を抑えて、まずはトップの座に返り咲く。フェルスタッペンの勢いは予選に入っても衰えることなく、Q1からQ2、そしてQ3とすべてのピリオドでトップタイムをマークし続け、開幕戦バーレーンGP以来、2戦ぶりにポールポジションを手にした。


 ポールタイムとなったQ3での1分16秒732はライバル勢よりも早めに行ったタイムアタックで記録したもの。この日も予選前ににわか雨が降ったため、予選は走れば走るほどタイムが向上していたことを考慮すると、フェルスタッペンとライバル勢とのギャップはタイム差以上に大きかったと考えていいだろう。


 その速さを引き出すためのポイントとなったのは、タイヤの温め方だ。


「今週末は、タイヤをいい方向に持っていくのが大変だったけど、Q3ではすべてがうまくいって、最後は見事にハマった」(フェルスタッペン) 


 クリスチャン・ホーナー代表もフェルスタッペンの走りをこう語って称賛した。


「今日はいつもと少し違う予選となって、アウトラップでいかにタイヤに熱を入れるかが重要となった。その点で、マックスがこの難しいコンディションとなった予選で、素晴らしい仕事をしたのが勝因だった」

レッドブル&HRC密着
クリスチャン・ホーナー代表


 一方、チームメイトのセルジオ・ペレスはQ1の最初のアタックでコースアウトし、グラベルにはまって予選20番手に終わった。


「フリー走行3回目で少し技術的な問題があったんだ」と言うペレスは、こう続けた。


「その問題が予選までに修正していたと思っていたんだけど、できていなかった」


 ホーナーによれば、ペレスの技術的な問題は「エンジンセッティングの問題で、予選の1周目にロックアップが発生したようだ」という。ただし、「もし、それが問題だったとしても、明日のレースまでにデータを見直し、エンジニアたちが必ず解決してくれるだろう」と挽回してくれることを信じている。

レッドブル&HRC密着
2023年F1第3戦オーストラリアGP インタビューに応じるセルジオ・ペレス(レッドブル)



(Masahiro Owari)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP