F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic ベッテル特別編:縁のあるゲストを招いてスペシャルトークショー。粋な演出で元僚友らとのセッションが実現

2022年11月20日

F1 Topic ベッテル特別編


 最終戦アブダビGPの予選が終了した後、ドイツのスカイ・スポーツがパドックに特設会場を設け、F1ドライバーとして最後の予選を終えたセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)と、さまざまなゲストを招いたラストナイト・トークショーを催した。最初に招かれたのが、2010年のアブダビGPで初めてチャンピオンに輝いた際に、一緒に登壇したヘルムート・マルコ(レッドブル モータースポーツアドバイザー)だ。F1 Topic ベッテル特別編


 長いことマルコを取材しているが、こんなに穏やかで笑顔のマルコを見るのは初めてだ。F1 Topic ベッテル特別編


 続いて登壇したのは……F1 Topic ベッテル特別編


 “ロッキー”こと、ギヨーム・ロケリン。レッドブル時代にベッテルが4連覇したときの担当レースエンジニアだ。F1 Topic ベッテル特別編


 ロッキーの後、招かれたのが、4連覇時代にチームメートだったマーク・ウエーバー。F1 Topic ベッテル特別編


 ウエーバーはイギリスのテレビ局のコメンテーターで訪れていて、ほかのドライバーの取材を待たせてまで、ベッテルとの最後の夜を楽しんでいた。ベッテルがチームオーダーを無視してウエーバーを逆転して優勝した“マルチ21”以降、ふたりの間に亀裂が生じたが、それもいまはふたりにとって懐かしい思い出なのだろう。F1 Topic ベッテル特別編


 そのベッテルとウエーバーが談笑する光景を特別な思いで見ていたのが……。F1 Topic ベッテル特別編


 最後に駆けつけたのが、同じドイツ人ドライバーとしてF1を盛り上げたニコ・ヒュルケンベルグ。唯一、プレゼントを持参し、ベッテルに手渡していた。現在、アストンマーティンのリザーブドライバーのヒュルケンベルグは、来年ハースのレギュラードライバーとしてF1に復帰。ドイツ人F1ドライバーとしてベッテルの後を引き継ぐ。


 この後、ベッテルは慌ただしく、チームのホスピタリティハウスへ。じつはベッテルにはこの日、もうひとつの大仕事が待っていた。それは次の『F1 Topic ベッテル特別編(2)』でお伝えする。



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号