F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルドがレッドブルF1に復帰へ。2023年にサードドライバーを務めるとマルコが発言

2022年11月19日

 2022年シーズン末でマクラーレンから離脱するダニエル・リカルドが、2023年にはレッドブルのサードドライバーを務める見通しであることが分かった。正式発表はなされていないが、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコが認めた。


 リカルドはレッドブルのサポートのもと、2011年にHRTからF1デビュー。翌2012年から2年間トロロッソ(現在のアルファタウリ)で走った後、2014年にレッドブルに昇格した。2014年と2016年にはランキング3位を獲得し、高い評価を得るなかで、2019年にルノーに移籍した。2021年にはマクラーレンと2023年末までの契約を結んだが、これまで見せてきた実力をマクラーレンではどうしても発揮することができないまま、2022年末で契約が打ち切られることが決まった。

2022年F1第20戦メキシコGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)

 リカルドはあくまでF1でのキャリアを追求したいという強い意志を持ち、他カテゴリーへの転向を考えていないが、2023年のF1レギュラーシートを獲得することができなかった。そのため、メルセデスかレッドブルでリザーブドライバーを務めるのではないかと考えられていた。


 そんななか、2022年F1最終戦アブダビGPの週末、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、リカルドは来年、レッドブルのサードドライバーを務めると発言した。

2022年F1第21戦ブラジルGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第21戦ブラジルGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

「リカルドは我々のサードドライバーになる」とマルコは『Sky Germany』に対してコメントした。


「我々は多数のスポンサーを持っており、ショーランを行う必要がある。彼は非常に注目度が高いドライバーであり、最適な人材だ」


 マルコは、アブダビのFP1で起用したジュニアドライバーのリアム・ローソンは、来年もレッドブルのリザーブドライバーを務めることになるとも語った。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編