F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2022年F1新レギュレーションの効果にチームからポジティブな評価「以前よりはバトルをしやすくなった」

2022年9月29日

 2022年、F1において久しぶりにシャシーレギュレーションの刷新がなされた。新レギュレーションでは、1983年にベンチュリトンネルが禁止されて以来となる「グラウンドエフェクト」が再び導入された。ボディワークは簡素化され、空力グリップを主に車体下から得るようなマシンとなった。


 新レギュレーションの目的は、マシン後部に発生する乱気流を削減し、後続車が接近しやすくする一方で、これまでと同レベルのダウンフォースを維持することにあった。この2022年のレギュレーションは狙いどおりの効果を発揮しただろうか?


「他のマシンを追いかけることは少し楽になった」とメルセデスのトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは認めた。


「ブダペストのように、歴史的にオーバーテイクがほとんどできないコースがいくつかある。しかしそうした場所でのレースが今までよりも多少面白いものになった」


「新たなルールが導入されて今回のように完全に刷新されると、その影響で序列がリセットされるものだ。今のところは接戦にはなっておらず、レッドブルが明白なトップに浮上したようだ。そのため、昨年末よりはレースの予想がつきやすくなったかもしれない。だが、正しい方向に小さな一歩を踏み出している」


「一方で、我々が最も期待していたことは全体の差が縮まることだが、それはまだ実現していないと思う。上位から下位まで、チームの序列は今までと大体同じだ」

2022年F1ハンガリーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1ハンガリーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)とランス・ストロール(アストンマーティン)

 アストンマーティンのパフォーマンスディレクターを務めるトム・マッカローは次のように語った。


「このルールは、特にシーズン開幕時には我々全員が予想していた以上の大きな課題をもたらした。つまり、魅力的なシーズンになっているということだ。問題を抱えているときにはより多くのことを学ぶものだし、シーズン序盤には、上位から下位にいたるまで多数のチームのマシンが、シミュレーションツールの結果どおりに動いていなかった。我々のチームもそのひとつだ。技術的な観点からすると、非常に興味深い状況だった」


 レッドブルのテクニカルディレクターを務めるピエール・ワシェは、新ルールによって彼が手がけたマシンがグリッドで最速になったことを喜んでいる。2021年にはレッドブルはメルセデスと最後まで接戦を繰り広げた。


「我々にとってパフォーマンスの面では、他のチームと比べて昨年よりも少し向上があったようだ。これは難しいルールだ。しかし前のマシンに近づくという点では、私が予想していたよりも改善している」


 ラップタイムを見ると、2022年のレギュレーションの下ではマシンは昨年よりわずかに遅くなっている。



(grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号