F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:『幸運と不運の帳尻』が起きてしまった2連戦。不測の事態でも最善の結果を残す

2022.07.21

 F1第10戦イギリスGPと第11戦オーストリアGPでは優勝を逃してしまったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。チャンピオンシップポイントでシャルル・ルクレール(フェラーリ)に対し38ポイントの差をつけているものの、予想外の出来事もあり、これまでの連勝の勢いが弱まってしまった。いったい何が起きたのか。スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがイギリスGPとオーストリアGPのレースを振り返る。

-------------------------------------------

 24歳のF1ワールドチャンピオン、マックス・フェルスタッペンは、もう十分に成熟し、冷静で分別のあるドライバーだ。彼はこう確信している。「シーズン全体を通して見れば、幸運と不運は必ず帳尻が合うことになる。そして、状況はあっという間に変わりうる」

 実際、今季ここまでの戦況は、その好例と言えるだろう。「シーズン開幕直後を思い出してみるといい。僕は最初の3レースで2度のリタイアを強いられた。その時点で、僕のタイトル防衛はもはや難しくなったと言い出す人もいたほどだ。ところが、それから夏へ向かう頃になると、僕は好調の波に乗り、逆にフェラーリのドライバーたちが不運に見舞われ始めた。だけど、僕は慎重な態度を忘れないように心がけてきた。遅かれ早かれ、また何かしら予想外の出来事があるだろうと思っているからね」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号