F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

大クラッシュの周冠宇とアルボンに大きな怪我はなし。バリアを飛び越えた周「ヘイローに救われた」/F1イギリスGP

2022年7月4日

 F1第10戦イギリスGP決勝スタート直後に大クラッシュに巻き込まれた周冠宇(アルファロメオ)とアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)は、いずれも検査の結果、大きな怪我がないことが明らかになった。


 スタート直後に多数のマシンが絡むクラッシュが発生した。周とジョージ・ラッセル(メルセデス)に挟まれたピエール・ガスリー(アルファタウリ)とラッセルの間に接触があり、姿勢を乱したラッセルに周が弾き出される形になった。周のマシンはひっくり返った状態でグラベルに飛び出し、バリアを飛び越え、観客席の前のフェンスに当たって止まった。

2022年F1第10戦イギリスGP アクシデントに巻き込まれた周冠宇(アルファロメオ)
2022年F1第10戦イギリスGP アクシデントに巻き込まれた周冠宇(アルファロメオ)


2022年F1第10戦イギリスGP クラッシュした周冠宇(アルファロメオ)のもとに駆け寄ったジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第10戦イギリスGP クラッシュした周冠宇(アルファロメオ)のもとに駆け寄ったジョージ・ラッセル(メルセデス)


 このアクシデントの後、後方グループが接触を避けようと減速するなか、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)がアルボンのリヤにヒット、アルボンのマシンは右のウォールに衝突した後、コースに戻ってきて、何台かのマシンとクラッシュして停まった。

2022年F1第10戦イギリスGP クラッシュしてコース上でとまったアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2022年F1第10戦イギリスGP クラッシュしてコース上でとまったアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 特に周の映像はしばらく映し出されず、大きな怪我が心配されたが、後にアルファロメオから「意識があり、検査のためにサーキットのメディカルセンターにいる」との発表があり、誰もが安堵した。続いてチームからは「クラッシュの後、周はメディカルセンターで検査を受けたところ、大きな怪我はなかった。現在メディカルセンターで観察下に置かれている」「周は健康であるとの診断を受け、サーキットのメディカルセンターを出た」との報告が続けてあった。その後、チーム代表フレデリック・バスールやF1のCEOステファノ・ドメニカリと会話をする周の元気な姿が国際映像で流れた。


 周本人はSNSを通して「僕は大丈夫だよ。検査ですべて問題ないことが分かった。今日はヘイローが僕を救ってくれた。優しいメッセージをくれた皆さん、ありがとう」とコメントしている。


 一方、アルボンは、メディカルセンターで検査を受けた後、予防的検査のためにヘリコプターでコベントリー病院に運ばれた。そこでの検査の結果、身体に問題がないことが明らかになり、退院したことがチームから発表された。



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
6/22(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
6/23(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号