F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、19番手から5位「忍耐のレース。DRSトレインとピットストップでの遅れが大きく影響」フェラーリ/F1第9戦

2022年6月20日

 2022年F1カナダGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは、パワーユニット交換のペナルティで19番グリッドからスタート、14位ポジションを上げて5位を獲得した。


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
決勝=5位
19番グリッド/タイヤ:ハード→ミディアム


 全力を尽くしたよ。5位という結果をうれしく思うことはできないけれど、自分のグリッド位置と、レースの展開を考えれば、これが今日可能なベストの結果だった。


 レースの序盤はフラストレーションが溜まった。ずっとDRSトレインの後ろを走り続けたんだ。だからとにかく忍耐力を持ち続けなければならなかった。


 ピットストップの後、またDRSトレインの後ろに戻った。そこから改めてポジションアップを目指した。その時の方が最初のDRSトレインの時よりずっと面白かった。目的を達成するために、かなりアグレッシブに行動する必要があったんだ。


 今回のように、状況のなかで最大限のポイントを取らなければならないレースもある。今日の僕たちはまさにそれをやってのけたんだ。


 次のシルバーストンが楽しみだ。カレンダー中、一番好きなサーキットのひとつだからね。次回は大量にポイントを稼ぎたいね。

2022年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

(ピットストップに時間がかかった結果、再びDRSトレインの後ろになってしまったことについて聞かれ)ピットストップで問題があり、その後のレースがかなり困難になった。悪い状況に陥った。ピットストップでDRSトレインから逃れた後、またDRSトレインの後ろになってしまい、それが最終的に僕のレースに影響したんだ。


 それでもマシンにペースがあるのは分かっているから、それがモチベーションにつながる。


 こういう困難な週末にはできるだけ多くのポイントを取ることが必要とされる。今日はそれを成し遂げた。心配してはいない。クリーンな週末を過ごして、僕たちが強力であることを示したいという気持ちがとても強い。それをシルバーストンでできるといいね。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号