F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンがキャリア26勝目「フェラーリの方が速かった。限界ぎりぎりの戦いでつかんだ勝利」/F1第9戦

2022年6月20日

 2022年F1カナダGP決勝で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、今季6勝目を挙げた。


 ポールポジションから首位を保って走行。セルジオ・ペレス(レッドブル)がトラブルでとまったことでバーチャル・セーフティカーが出動したタイミングで、9周目に1回目のピットストップを行い、3番手でコースに復帰した。15周目にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)を抜き、20周目に首位のカルロス・サインツ(フェラーリ)がピットインしたことで、フェルスタッペンは再びトップに立った。


 43周目に2回目のタイヤ交換を行い、サインツの後ろに。その後、角田裕毅(アルファタウリ)がバリアにヒットしたことでセーフティカーが出動した際に、サインツが有利なピットストップを行い、フェルスタッペンのすぐ後ろを走ることになった。レース終了までふたりは勝利をめぐって戦ったが、最終的にはフェルスタッペンがポジションを守り切って、カナダで初優勝を挙げ、キャリア26回目の勝利を手にした。


 フェルスタッペンは175点でドライバーズ選手権のリードをさらに拡大。2位ペレスは129点、3位シャルル・ルクレール(フェラーリ)は126点となっている。

2022年F1第9戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とカルロス・サインツ(フェラーリ)
2022年F1第9戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とカルロス・サインツ(フェラーリ)

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=1位
1番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ハード


 今回の週末は僕にとってとてもスムーズだった。喜ぶべきことだね。


 全体的に見て、フェラーリ勢はレースでとても速く、強力だった。終盤はエキサイティングだったよ。最後の2周は本当に面白かった。最善を尽くして、全力で戦った。


 終盤のセーフティカーは僕にとっては不利だった。カルロスは僕より新しいタイヤを履いていたから、難しい状況になったんだ。防御するよりアタックしたかったけれど、最終的には幸いうまくいった。それに、今年の僕たちはストレートで速いから、それがすごく助けになっている。


 次はシルバーストンだ。トラディショナルなトラックで走るのが楽しみだ。チーム全体で集中し続け、改善できる点を見つけていく必要がある。

2022年F1第9戦カナダGP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第9戦カナダGP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 今日はもう少しペースがあると予想していた。カルロスに比べると、少しペースが足りなかったようだ。だから予想していたよりも苦労した。


 終盤は絶対にミスはできないと分かっていた。良いレースをしたよ。タイヤをセーブし続けるだけのレースではなく、F1カーでプッシュできる方が楽しいしね。


 彼がDRSを使えるところでは、その前のコーナーをうまく立ち上がる必要があった。でも、重要なのは、全体的に、ミスを絶対にしないで限界ぎりぎりまでプッシュすることだった。真剣にレースをしたし、真剣にプッシュした。少しオーバーステアが出た時があって、ミラーを見たら、カルロスも同じだった。つまり本当にぎりぎりの戦いだったんだ。でもいいレースだったよ。

2022年F1第9戦カナダGP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とガールフレンドのケリー・ピケさん
2022年F1第9戦カナダGP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とガールフレンドのケリー・ピケさん



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号