F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第9戦密着】新PU投入でグリッド降格が確定。ドライビング改善にも注力、カギは「最終コーナーのシケイン」

2022年6月18日

 角田裕毅が(アルファタウリ)、F1第9戦カナダGPのフリー走行1回目に4基目のパワーユニットを投入した。今シーズンのF1は全22戦が予定されており、パワーユニットの主要4コンポーネント(ICE、ターボ、MGU-H、MGU-K)は年間3基までしか使用が許可されていない。今回、角田はその主要4コンポーネントすべてに4基目を投入。これにより、角田は日曜日の決勝レースで最後尾からスタートすることが決定した。


 年間22戦を3基で乗り切るには、単純計算で1基あたり7〜8戦は使用しなくてはならない。カナダGPは9戦目だから、まだ2基目のパワーユニットを使用していなければならないことを考えると、角田の4基というのは明らかに早すぎる。


 しかし、これはある程度、予想されていた事態だった。というのも、角田が2基目のパワーユニットを投入したのが第2戦サウジアラビアGPだったからだ。金曜日のフリー走行でトラブルに見舞われた角田は、土曜日に2基目のパワーユニットをすでに投入していた。


 さらにその2基目のパワーユニットが日曜日の決勝レース前のレコノサンスラップ中に問題を抱えてコース脇にストップ。第3戦オーストラリアGPでは早くも3基目を搭載していた。もし3戦目から3基目のパワーユニットで走行し続けていたとしたら、前戦アゼルバイジャンGPが6戦目となり、そろそろ替え時だった。というのも、カナダGPが行われるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットはストップ&ゴー型のレイアウトであるため、エンジンへの負荷が高く、できればフレッシュなエンジンを投入したいからだ。その証拠に前戦のアゼルバイジャンGPと今回のカナダGPで、角田も含めて合わせて11人のドライバーが新しいICEを投入している。

【角田裕毅F1第9戦密着】
2022年F1第9戦カナダGP 角田裕毅(アルファタウリ)


 最後尾グリッドが決まっているため、「日曜日のレースに向けて長い距離を走ることに集中している」と語っていた角田。フリー走行1回目は14番手、フリー走行2回目はさらにポジションを落として17番手という結果に終わった。ただし、これはロングランを行っていたことだけが理由ではなかった。


「ロングランをやっていただけでなく、クルマが持っているパフォーマンスを引き出すために、自分のドライビングも上げていかなくてはならないんですが、いまのところ、それがあまりうまく行っていないという感じです」(角田)


 角田が特に気にしていたのが、「最終コーナーのシケイン」だった。「難しい、でも楽しい」と語っていたシケインをどう攻略するか。カナダGPはまだ初日が終わったばかりだ。

【角田裕毅F1第9戦密着】
2022年F1第9戦カナダGP インタビューに応じる角田裕毅(アルファタウリ)



(Masahiro Owari)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号