F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【SNS特集】F1アゼルバイジャンGP:フェルスタッペン、史上最年少で通算25勝に到達。通常運転に戻ったリカルド

2022年6月15日

 F1第8戦アゼルバイジャンGPでは、フェラーリ勢がマシントラブルで自滅のWリタイヤ。シャルル・ルクレールは4戦連続となる今季6度目のポールポジション獲得も第3戦オーストラリアGP以降、勝利から遠ざかり試練のときを迎えている。第4戦エミリア・ロマーニャGPから5連勝となったレッドブルF1は、マックス・フェルスタッペンが今季5勝目を挙げ、その差をさらに広げていく。「風の街」バクー市街地の週末をドライバーや関係者のSNSで振り返る。


────────────────────────


マシントラブルでストップしたスペインGP、そして戦略ミスで4位に終わった前戦モナコGP続き、自らの力ではどうすることもできないような様々な悲劇がレースごとに襲ってくるフェラーリF1シャルル・ルクレール。もう「気の毒」としか言いようがない。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


24歳と255日でF1史上、最も若く25勝に到達したフェルスタッペン。ちなみに25勝はジム・クラーク、ニキ・ラウダと並び歴代9位タイ。今シーズン中に27勝のジャッキー・スチュワート、31勝のナイジェル・マンセル、そして32勝のフェルナンド・アロンソの記録を超えられるか? 29歳と109日で25勝目に到達したルイス・ハミルトンはその後、通算103勝まで勝利記録を伸ばしている。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


ガックリ肩を落とすルクレールとは対照的なフェルスタッペンとパートナーのケリー・ピケさん。そりゃ、踊りたくなる気持ちもわかります。

この投稿をInstagramで見る

KELLY PIQUET(@kellypiquet)がシェアした投稿


予選2番手から、スタートでホールショットを奪いレース序盤をリード。モナコGPからの2連勝を目指したセルジオ・ペレスだったが、タイヤのデグラデージョンに苦しみペースダウン。チームからも「戦うな」との無線が入り、ポジションをフェルスタッペンに譲った。それでも今回の2位表彰台でドライバーズランキング2位に浮上、ファステストラップの1ポイント獲得も、戦う姿勢の表れに見えた。

この投稿をInstagramで見る

Oracle Red Bull Racing(@redbullracing)がシェアした投稿


レース後はバウンシングによる背中の痛みでマシンから容易に降りられない姿が国際映像にも映されたルイス・ハミルトン。苦闘の末の4位入賞とドライバーズ・オブ・ザ・デーを獲得も、次週、連戦のカナダGPまでに身体が十分に回復するかが心配の種だ。

この投稿をInstagramで見る

Lewis Hamilton(@lewishamilton)がシェアした投稿


ここ数年のF1開催地のなかでもイチオシのアゼルバイジャン共和国国歌。

■角田裕毅が無念のなかでファンに感謝の言葉

セルジオ・ペレスが2024年末までレッドブルF1と契約延長したことにより、来季の去就が注目されることになったアルファタウリF1のピエール・ガスリー。5位入賞を果たしたアゼルバイジャンGPの後はモナコのすぐ西側にある南仏の地中海リゾート、カップ・ダイユで英気を養った。

この投稿をInstagramで見る

PIERRE GASLY ??(@pierregasly)がシェアした投稿


レース終盤でリヤウイングが破損し、緊急ピットインを余儀なくされたアルファタウリF1角田裕毅。ピットインの理由を無線で聞かされていなかったことにも驚かされたが、破損したリヤウイングをダクトテープ(粘着テープ)で簡易補修しただけで、「DRSは使うな!」と再びコースに送り出したアルファタウリF1の判断は正しかったのか? 大事故にならなかったのは不幸中の幸い。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


ハミルトンやセバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソといった偉大なチャンピオンたちを相手に互角以上に戦い、6位入賞が目前だっただけに日本の大勢のファンもテレビの前で無念さを噛み締めた。


安定感抜群で開幕からの連続入賞を続けるメルセデスF1ジョージ・ラッセル。今季3度目の3位表彰台獲得で、現在ドライバーズランキング4位。気がつけば3位のルクレールと17ポイント差まで迫ってきた。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


アゼルバイジャンGPでレッドブルF1とフェラーリF1の4台が争うなか、マイペースなラッセルの様子を例えた1枚の写真をメルセデスF1がインスタグラムに投稿。

この投稿をInstagramで見る

Mercedes-AMG PETRONAS F1 Team(@mercedesamgf1)がシェアした投稿

■セブの鮮やかなスピンターン

次のF1ウイナーの最有力候補ふたり。どちらが先にF1初優勝を達成できるか? ちなみにwikiではラッセル185?、カルロス・サインツJr.が177?となっているが、サインツがちょっと見栄を張っているかどうかは不明。

この投稿をInstagramで見る

Mercedes-AMG PETRONAS F1 Team(@mercedesamgf1)がシェアした投稿


チームメイトのバルテリ・ボッタスを初めてアウトクオリファイし、決勝でも順調にポイント圏内を走行していたアルファロメオF1周冠宇。しかしながらまたも信頼性の問題に泣かされ、ここ4戦中3度目のリタイア。F1キャリア2度目のポイント獲得はお預けとなった。

この投稿をInstagramで見る

周冠宇 | Zhou Guanyu ??(@zhouguanyu24)がシェアした投稿


ついにシート喪失のウワサまで出てきたマクラーレンF1のダニエル・リカルドだが、エミリア・ロマーニャGPスプリント以来となる久々のポイントゲット。長く苦しいトンネルからようやく脱出か?

この投稿をInstagramで見る

Daniel Ricciardo(@danielricciardo)がシェアした投稿


自分のシートの後釜として名前が挙がっている相手に対してもこの明るさ。通常運転のリカルドが戻ってきた。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


エスケープゾーンに直進してしまったマクラーレンF1ランド・ノリス。5回の切り替えし動作で無傷のコース復帰を果たすも、コメント欄には同じ場所から180度ターン1発で鮮やかに生還したアストンマーティンF1のベッテルを賞賛する声が多数。ノリスのディスプレイには自虐で「Parking mania」という車庫入れゲームが表示されている。

この投稿をInstagramで見る

McLaren(@mclaren)がシェアした投稿


ベッテルは無駄のない鮮やかなスピンターンでコースに復帰。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


アルピーヌF1フェルナンド・アロンソは、ミハエル・シューマッハーの記録を塗り替え21年3カ月と8日でF1参戦期間の最長記録を樹立。2001年オーストラリアGPでミナルディF1から、19歳217日という当時史上3番目の若さでのF1デビューだった。

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1〓(@f1)がシェアした投稿


アゼルバイジャンの週末は、ペナルティ連発のお粗末なレースとなってしまったウイリアムズF1ニコラス・ラティフィ。次戦、地元カナダGPでの活躍を誓う。

この投稿をInstagramで見る

Williams Racing(@williamsracing)がシェアした投稿



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP