F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペンへの抗議で明白になった規則変更。F1レースディレクターが文書を「カット&ペースト」で混乱発生

2022年6月5日

 F1モナコGP決勝で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はピットアウト時にピットレーン出口のラインを踏み、タイヤの一部がラインの外に出たものの、ペナルティを受けなかった。国際モータースポーツ競技規則の文言が変更されたことが周知されていなかったために混乱が起きた。


 フェルスタッペンとセルジオ・ペレス(レッドブル)が共に、ピット出口のイエローラインの右側を維持しなかったとして、フェラーリは抗議を行った。


 2021年シーズンまで、ピットアウト時の規則は、以下のように定められていた。
「不可抗力(スチュワードがそう認めたもの)の場合を除き、ピット出口において、コース上の車両とピットを離れる車両を分離するためにコース上に描かれたラインを、ピットを離れる車両のいかなる部分も越えてはならない」


 モナコのレースディレクターが発行した『イベントノート』にも、これに従い、「ドライバーはピットを離れる際にピット出口の黄色の実線の右側を走行し、ターン1の後に終了するまでこの線の右側に留まらなければならない」と記されていた。

2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)
2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 ペレスについては調査の結果、タイヤは一切イエローラインの左側に出なかったことが明らかになり、不問に付された。一方、フェルスタッペンの場合は、タイヤの一部がイエローラインの左側に出ていたことが判明した。


 これはイベントノートに従えば、違反とみなされるものとみられる。しかし国際モータースポーツ競技規則の附則L第5条は、2021年シーズン終了後に、「マシンのいかなる部分もラインを越えてはならない」ではなく「タイヤはラインを越えてはならない」に変更されていた。


 この変更がイベントノートに反映されていなかった。イベントノートではなく新規則をもとに、フェルスタッペンはタイヤの一部がラインを越えただけで、タイヤ全体が越えたわけではないとして、違反ではないと判断された。


 レースディレクターは、「イベントノートは、2021年バージョンのノートから“カット&ペースト”したため、2022年の附則Lへの変更が反映されなかった」と認めた。


 この混乱により、4人のFIAスチュワードがフェラーリの抗議についての裁定を下すまでに約3時間かかった。

2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝
2022年F1第7戦モナコGP セルジオ・ペレス(レッドブル)が優勝

 しかしこの問題はさらに長引きそうだ。今後、ドライバーたちは、タイム上のメリットがあれば、ピットレーン出口のラインを踏むはずだ。そして、タイヤすべてがラインの外に出ていたと証明するのは非常に難しいため、今後は抗議と論争が増えることになるだろう。



(Grandprix.com/autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号