F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリがレッドブル2台が規則違反と抗議もFIAは却下。ペレスの優勝&フェルスタッペンの3位が確定/F1第7戦

2022年5月30日

 スクーデリア・フェラーリは、2022年F1第7戦モナコGP決勝中、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがピット出口とコースを仕切るイエローライン右側にい続けるという規則を守らなかったとして抗議を行った。スチュワードは調査した結果、この抗議を却下した。これにより、ペレスの優勝、フェルスタッペンの3位は維持された。


 レースディレクターのイベントノートには、「ドライバーはイエローラインの右側を維持しなければならない」と記されている。一方、FIA国際モータースポーツ競技規則には、「ラインを越えてはならない」という表現が使われている。


 調査は、国際モータースポーツ競技規則を基準として行われた。ペレスについては、タイヤはラインの左側のターマックに触れていないと認められた。フェルスタッペンは左フロントおよびリヤタイヤの一部をイエローラインの左側のターマックに乗せていたことが確認された。


 しかしタイヤの大部分がイエローライン上に残っていたため、フェルスタッペンのマシンはラインを越えていなかったとみなされた。ラインを越えたとみなされるためには、イエローラインの左側にタイヤのすべてが出ている必要があると、スチュワードは述べている。


 そのため、ペレスもフェルスタッペンも、規則違反は行っていないと判断され、フェラーリの抗議は却下された。これに伴いF1モナコGP正式結果が発行され、ペレスの優勝とフェルスタッペンの3位が確定した。

2022年F1第7戦モナコGP 表彰式
2022年F1第7戦モナコGP表彰式 左から2位カルロス・サインツ(フェラーリ)、優勝セルジオ・ペレス(レッドブル)、クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号