F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1インタビュー】山本雅史氏がモナコGPを訪問「レッドブルはWタイトルを狙える位置にいる」僚友と競り合う角田も評価

2022年5月29日

 元ホンダの山本雅史氏が、モンテカルロで開催されているF1第6戦モナコGPを訪れた。山本氏が今年F1の現場を訪れるのはこれが2回目だ。ここまでのレッドブルの戦いぶりについて、山本氏は、昨年は実現しなかった1-2フィニッシュをすでに2度達成している同チームは「ダブルタイトルを狙える位置にいる」と見ているという。


 一方2年目を迎えた角田裕毅は、チームメイトのピエール・ガスリーと「切磋琢磨している」と評価。F1直下のFIA F2を戦う岩佐歩夢についても、いろいろなことを吸収しながら成長していると語った。


────────────────────


──開幕戦以来、今年2回目ですね。ここまでの6戦をどのようにご覧になっていましたか。


山本雅史氏(以下、山本氏):レッドブルに関しては、スペインGPでワンツーを獲ったのはやっぱりいいですね。非常にいい流れだと思うし、マイアミとスペインを見ていて思ったのが、レッドブルの優位性とフェラーリの優位性が異なっていて、そのあたりが非常に見てる側としてはおもしろいレースだった。ご存知のようにマイアミはストレートが長くてレッドブルが横綱相撲で勝った。マックス(・フェルスタッペン)が(シャルル・)ルクレールをオーバーテイクしたのがストレートエンドで、手前で抜かなかったのが賢い。あまり早く抜くとまた1コーナーで抜き返されてしまうから。スペインはルクレールがリタイアしたというラッキーもあるんだけど、そんななかでやっぱり攻めのレースをしていました。昨年のレッドブル・ホンダよりもいい形でドライバーズ選手権だけでなく、コンストラクター選手権もリードしています。


──レッドブル・ホンダとしては昨年一度もできなかった1-2フィニッシュを、今年はすでに2回やっていますね。


山本氏:やっぱり、ペレスのチーム加入2年目の強さの結果ではないでしょうか。今年は充分ダブルタイトルを狙える位置にいるので、本当に楽しみなシーズンだと思います。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第6戦スペインGP表彰式 優勝マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2位セルジオ・ペレス(レッドブル)、3位ジョージ・ラッセル(メルセデス)


──昨年の最強だったころのハミルトン&メルセデスと比べると、フェラーリはどうですか。


山本氏:そうですね、ルクレールと(カルロス・)サインツを見ていると、キャリア的には違うんですけど、マックスとチェコのほうが一枚上かな、と。サインツはもちろんいいドライバーだけど、やっぱり肝心なところでコースオフしたりする。ルクレールはコンスタントに頑張っているけど、サインツがやっぱりちょっと波があるのに対して、レッドブルはペレスが安定している。10チームを見ても、ドライバーふたりがもっともバランスよく強いのはレッドブルだと思います。


──スペインのチームオーダーも裏を返せば、そのくらいふたりが速かったからということですからね。


山本氏:あのレースは難しかった。ただマックスはDRSが動かなくなるという不運があったから仕方ないかなと。でも、それくらいチェコのペースは速かったし、昨年以上に強くなっています。だから、レースの戦略の立て方ももうバリエーションが豊富じゃないですか。そういう意味でもレッドブルは昨年よりも強力ですね。

【F1インタビュー】
ペレスと握手を交わす山本氏


──山本さんはもうホンダを離れましたが、古巣ホンダ、今年のHRCはどのように映っていますか?


山本氏:ホンダのパワーユニットマニュファクチャラーとしてのF1参戦は終了しましたが、レッドブル・パワートレインズの依頼を受けて、HRCがパワーユニットを作るということに関しては、これまでと基本的に考え方は変わってないと思います。ここまでのレースを見ていても、そこはきっちりやっているし、それがホンダです。そういった意味では、これからさらにいろいろ評価が出てくるんじゃないかなと思います。


──先日、日本GPのタイトルスポンサーがホンダになるという発表がありました。山本さんはどういうふうに思われていますか?


山本氏:昨年もホンダはタイトルスポンサーをやるつもりだったから、驚きはありません。日本のモータースポーツをしっかり支えるというか、ホンダはモータースポーツをこれからもしっかりやっていくという姿勢の表れじゃないかなと僕は勝手に想像してます。

■2年目の角田は「本当の意味でガスリーと切磋琢磨している」

──2年目の角田裕毅(アルファタウリ)選手はいかがですか。先日のスペインGPでは、素晴らしいレースをしていました。


山本氏:素晴らしかったね。その前のマイアミでは予選がよかったのに突然レースでうまくいかなかったので、ちょっと心配していました。モナコで角田くんに会って、そのことを聞いたら、ブレーキに問題があったことがわかってホッとしました。本人もスッキリした顔をしていたし、スペインの走りを見ていると、モナコも楽しみです。


──今年はピエール・ガスリーと常にいい勝負をしていますよね。


山本氏:ガスリーに勝つことは簡単じゃないし、ガスリーもお尻に火がついているでしょ。そういう意味では本当の意味で切磋琢磨してるから、いいんじゃないですかね。僕はふたりとも応援してるから、いい感じです。

【F1インタビュー】
アルファタウリのフランツ・トスト代表(左)と山本氏(右)


──今年FIA F2にステップアップした岩佐歩夢(ダムス)選手はいかがですか。


山本氏:ダムスに移籍して、今年は結果が出るまで、少し時間かかるかなと思ったけど、スペインではレース1で表彰台に上がるなど、よくやっていると思います。岩佐くんのいいところは柔軟性。よく考えているし、素直。素直だからいろんなことを吸収して成長しています。


──そういう意味ではダムスに移籍してよかったですね。その前のチームとはあまりいいコミュニケーションを取れていなかったようですから。


山本氏:マルコさんともいろいろ話し合っていました。元々ダムスは名門ですが、3年前にオーナーが亡くなって、少しチームが不安定になっていた。角田くんもDAMSに移籍する可能性があったのですが、マルコさんがDAMSはしばらくうまくいかないから待った方がいいと。それで3年経って、マルコさんがそろそろいいいいんじゃないかと。僕はカーリンを推していました。でもマルコさんが、カーリンには(リアム・)ローソンがいて、オーナーのトレバー(・カーリン)がローソンにチャンピオンを獲らせたいから、もうひとりのドライバーはルーキーではなく2年目以上がいいということでカーリンの話はなくなったんです。

2022FIA F2第4戦バルセロナ レース1表彰台に登った岩佐歩夢(ダムス)
2022FIA F2第4戦バルセロナ レース1表彰台に登った岩佐歩夢(ダムス)


──ホンダを辞めて約4カ月が経ちました。どんな感じですか?


山本氏:正直、会社を辞めて1カ月ぐらいはモヤモヤしていました。やっぱり、私はI love HONDAですから。でも1カ月が過ぎたあたりからは、そういうモヤモヤはなくなりました。じつは今回のモナコのホテルが、ホンダと同じホテルでした(笑)。毎日HRCのメンバーと会っています。ホンダをやめても、彼らとの関係は何も変わっていません。


──ホンダがタイトルスポンサーについた日本GPは、今年開催できますよね?


山本氏:僕が言うことじゃないけど、さすがに今年はできるでしょう。F1の関係者は全員パドック内にとどまって、バブルを形成すれば、問題はないと思います。あとはパドッククラブの運営をどうするかとか、そういう細かいところを詰めていると聞いています。というのも、パドッククラブを管理するのは基本的にヨーロッパの人たちですが、お客さんは日本人の方たちなので、バブルが交わってしまうからです。ただ、今後日本のコロナ規制が変わることも考えられるので、そのあたりは注視していきたいと思います。



(Masahiro Owari)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号