F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、若手ドライバーテスト規則に基づき、ユーリ・ビップスをスペインFP1で起用へ

2022年5月20日

 レッドブル・レーシングは、F1第6戦スペインGPの金曜フリープラクティス1で、ジュニアドライバーであるユーリ・ビップスを走らせることを発表した。


 2022年のスポーティングレギュレーションにおいて、各チームはシーズン中に2回、ルーキードライバーをFP1で走らせることを義務付けられている。規則には「各選手権期間中、各競技者は、選手権にエントリーされた各車両で1回、選手権において3回以上レースに出場したことのないドライバーを起用しなければならない」と記載されている。


 近年のテストデー減少により、F1参戦を目指す若手ドライバーがF1マシンに乗る機会が制限されていることから、今年新たにこのレギュレーションが導入された。


 レッドブルがビップスを起用する計画であることはすでに明らかにされていたが、スペインで走らせることが今回正式に発表された形だ。ビップスはセルジオ・ペレスのRB18に乗る予定だ。


 エストニア出身21歳のビップスは、2018年にレッドブル・ジュニアチームに加入、2020年からF2選手権に参戦している。2020年と2021年、アブダビでのオフシーズンテストでレッドブルのF1マシンを走らせているが、グランプリウイークエンドの公式セッションで走るのは今回が初めてとなる。

2021年F1アブダビテスト ユーリ・ビップス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1アブダビテスト ユーリ・ビップス(レッドブル・ホンダ)

 スペインのFP1では、ウイリアムズがニック・デ・フリースを起用し、アレクサンダー・アルボンのマシンに乗せることが明らかになっている。


 また、若手ドライバーとしての起用ではないが、アルファロメオは今回のFP1で、リザーブドライバーのロバート・クビサを周冠宇の代わりに走らせることを発表した。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号