F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅7位「ホームで入賞できて最高に嬉しい」代表は「エキサイティングなパフォーマンス」と称える/F1第4戦決勝

2022年4月25日

 2022年F1エミリア・ロマーニャGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は7位を獲得した。


 12番グリッドから1周目に10番手、5周目に9番手に上がり、タイヤ交換後も9番手を走行。後方のランス・ストロール(アストンマーティン)から仕掛けられた際にもポジションを守り、47周目にはケビン・マグヌッセン(ハース)を抜き、54周目にはセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)をかわし、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のピットストップにより6番手に浮上。63周のレースの62周目にルクレールに抜かれたが、7位でフィニッシュし、6点を獲得した。


 チーム代表フランツ・トストは、角田のレースを振り返り、次のようにコメントした。
「裕毅は12番手からスタートし、1周目を終えた段階ですでに10番手に上がっていた。彼は非常に強力なレースをし、多くのマシンをオーバーテイクし、7番手でフィニッシュした。裕毅は金曜の時点からずっと競争力を発揮してきた。今後のレースに向けて彼にとって良いベースができたと思う」


「今週末導入したアップグレードはうまく機能したと思う。2台が揃ってコンスタントにポイント圏内に入れるよう、マシンの微調整をしていく必要がある」


「ここはスクーデリア・アルファタウリのホームレースであり、今日は多数の従業員がグランドスタンドでレースを楽しむことができた。イモラで裕毅のエキサイティングなパフォーマンスを楽しむことができたのは、彼らにとって素晴らしいことだっただろう。今日の成功に貢献してくれたファエンツァおよびビスターのメンバー全員に心からお礼を言いたい」

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGP 角田裕毅(アルファタウリ)

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=7位
12番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→ミディアム


 今日のレースにはものすごく満足しています。特にホームトラックでのレースでポイントを獲得できたことがうれしいです。今日は、ファクトリーから大勢の人が来てくれて、グランドスタンドでレースを見てくれていました。毎ラップ、アルファタウリのフラッグが振られているのが見えて、大きな励みになりました。チームのために懸命に働いてくれているチームの全員に対して感謝の気持ちでいっぱいです。


 今日、マシンのペースはとてもよかったです。レースが始まるまでは、これほど強力だとは予想していませんでした。週末を通して進歩しましたし、決勝で発揮したパフォーマンスには満足しています。



(autosport web)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号