F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1参戦が噂されるアウディ「驚きを生み出したい」と発言。F1ボスは“VWグループに関して重要な1カ月”と認める

2022年1月13日

 2026年からのF1参戦の可能性がうわさされているアウディの技術開発担当取締役であるオリバー・ホフマンが、F1参戦については認めなかったものの「我々のモータースポーツプロジェクトによって驚きを生み出したい」と語った。


 F1次世代パワーユニットが導入される2026年、フォルクスワーゲングループのアウディかポルシェ、あるいは両方がF1に参入することが期待されている。新規則は新たなマニュファクチャラーをF1に呼び込むことをひとつの目的として作られ、規則策定の会議にはアウディとポルシェが出席してきた。


 2026年以降には、1.6リッターV6エンジンが維持されたうえで、MGU-Hは廃止、MGU-Kの電気出力が350kwに増やされ、100%持続可能な燃料が使用され、パワーユニットに関するコストキャップも導入される見通しとなっている。


 F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、『Sport1』のインタビューのなかで、「フォルクスワーゲングループの決定という意味で、これからの1カ月は我々にとって重要なものになる」とコメントしている。
「彼らが参戦することになれば素晴らしいが、私がVWの代わりに話すことはできない」

2021年F1第11戦ハンガリーGP F1 CEOステファノ・ドメニカリ
2021年F1第11戦ハンガリーGP F1 CEOステファノ・ドメニカリ

 アウディに関しては、マクラーレングループを買収するといううわさが2021年に出てきたが、この報道が出た時点でマクラーレンはすぐさまこれを否定した。しかしアウディがマクラーレンを買収するか、あるいは多額の投資を行うのではないかといううわさは今も消えていない。


 最近、アウディの技術開発担当取締役であるオリバー・ホフマンは、「我々のモータースポーツプロジェクトによって驚きを生み出したい」と語ったうえで、今はダカールと2023年からのル・マンでの活動に集中しているとして、「将来のその他のことについては、様子を見ていこう」と付け加えた。しかし彼はF1の方向性についてポジティブな発言も行っている。


「FIAはF1の将来について良い決定を下した」とホフマンが述べたと『Sport1』が伝えた。
「昨シーズン(2021年)は非常に興味深いものだった。だが当面、我々はダカールとル・マンに集中している」


『Sport1』は、アウディはマクラーレン買収、ポルシェはレッドブルとの提携を望んでいると伝えている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※スペインGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン110
2位シャルル・ルクレール104
3位セルジオ・ペレス85
4位ジョージ・ラッセル74
5位カルロス・サインツ65
6位ルイス・ハミルトン46
7位ランド・ノリス39
8位バルテリ・ボッタス38
9位エステバン・オコン30
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※スペインGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング195
2位スクーデリア・フェラーリ169
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム120
4位マクラーレンF1チーム50
5位アルファロメオF1チーム・オーレン39
6位BWTアルピーヌF1チーム34
7位スクーデリア・アルファタウリ17
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号