F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第22戦木曜会見:硬い表情を見せたフェルスタッペン「自分のベストを尽くして、勝ってレースを終えたい」

2021年12月11日

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のタイトル争いばかりが注目されがちだが、中団の戦いも熾烈だ。たとえばドライバーズ選手権暫定5位のシャルル・ルクレール(フェラーリ)とランド・ノリス(マクラーレン)の差は、わずか4ポイントだ。ただし勢い的には、ルクレールが優勢だ。秋のロシアGP終了時点ではまだ絶好調だったノリスは選手権4位に君臨し、7位のルクレールに35点もの大差を付けていた。ところがそこからの終盤6戦で、あっという間に逆転してしまったのだった。


 しかし木曜会見に並んで出席したふたりに、「もう勝負はついたのでは」と司会者が問いかけると、ルクレールは「とんでもない」と、きっぱり否定した。「たった4ポイントだよ。残り1戦では、すべてが起こり得るからね」。


「ランド、きみはどう思う?」。そう振られたノリスは少しの間考えて、「ブレーキテストでもやってみようかな」と、答えた。「10秒ペナルティだけだったら、試してみる価値はある」


 これはもちろん、前戦サウジアラビアGPでフェルスタッペンが急減速してハミルトンが追突、マシンがダメージを負った一件を指す。だとしてもかなり微妙というか、際どいジョークだ。天真爛漫さがみんなに好かれているノリスだからこそ、口にできる冗談というべきだろう。それにしてもシーズン後半のマクラーレンの失速は、いったいどういうことなのか。ノリス自身も、そこが一番気になっているはずだ。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)&ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第22戦アブダビGP木曜会見 シャルル・ルクレール(フェラーリ)&ランド・ノリス(マクラーレン)


 そして会見最後には、ノリスがネタにしたフェルスタッペンとハミルトンが登場した。サウジ以降はお互いを非難したり、FIA裁定にあからさまに不満を述べたりしていただけに、さぞ緊張感の漂うセッションになるのではと思われた。ところが当事者ふたりは、意外にリラックスした雰囲気だった。


「ふたりの今までのレースキャリアでも、最も重要な週末なのでは」という問いに対しても、ハミルトンは自分を支えてくれたチームスタッフへの感謝を述べ、フェルスタッペンは「F1全体の見地からはそうかもしれない。でも僕自身は、この状況をすごく楽しんでいるよ」と、時に笑顔を浮かべながら語っていた。


──サウジアラビアGPのあとここに来るまで、どんな時間を過ごしたのですか?
フェルスタッペン:ドバイでおいしい食事を友人たちと楽しんだり、ガールフレンドの誕生日を祝ったりした。F1はもちろん大事なことだけど、それと同じくらい大事なことが人生には他にもあるということさ。


 そしてハミルトンも、同じドバイに滞在していた。


ハミルトン:トレーニングしたりして、レースの疲れからのリカバリーに専念していたよ。それから市内の施設で、人工的なスカイダイブも体験した。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第22戦アブダビGP木曜会見 ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 と、ここまでは比較的和やかに進んだ会見だったが、ジャーナリストたちの個別質問で空気はがらりと変わる。メディアにしてみれば、今季ここまで何度も接触を繰り返してきたふたりなだけに、それについての思いはぜひ訊いてみたいところだ。


──もしタイトルが接触事故という形で決着してしまったら、という危惧はありますか。
フェルスタッペン:ドライバーは普通、そういうことは考えない。メディアがそういうことを言い出してるのは承知しているけど、僕がこの週末考えるのは自分のベストを尽くして、できれば勝ってレースを終えたい。それだけだ。


ハミルトン:付け加えることはほとんどないけど、自分がコントロールできないことは考えても仕方がない。自分にできることは、ベストを尽くすことだけだ。チームも僕も、勝つことだけを考えている。それ以外のエネルギーは使わないよ。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第22戦アブダビGP木曜会見 ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 FIAは今回、「コース上で不適切な行為があった場合は、ポイント剥奪を含む厳しい処置を行う」旨の警告を行った。それ自体はスポーツ規約に明記されている事項だが、あえて周知させた形だ。


──FIAのこの警告を、どう思いますか。
ハミルトン:今までにも起きてきたけど、スチュワード側は事前に予防措置は講じてなかったと思う。だからこういうことはフェアだし、そんな措置が実行されないことを望むだけだよ。僕らは素晴らしいレースをして、前進するだけだから。自分の仕事をするためにここに来ているし、スチュワードにはこういうことで会いたくない。彼らもそう思ってるだろうし(笑)。


フェルスタッペン:スポーツ規約のその事項はもちろん承知しているし、今週末改めて周知する必要はないと思うよ。


 ときおり笑顔を見せてリラックスした感じのハミルトンに対して、フェルスタッペンは終始硬い表情だった。今回の通達は自分を標的にしているという思いからか。


 いずれにしても自分のベストを尽くすだけ、というふたりの思いに偽りはないに違いない。しかし最終レースも熱い戦いになることだけはまちがいないだろう。



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号