F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田とのバトル&接触を振り返るベッテル「彼の方が常に速かった。いずれ前に出たはずだ」/F1第21戦

2021年12月9日

 アストンマーティンF1チームのセバスチャン・ベッテルは、第21戦サウジアラビアGPを振り返り、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅やアルファロメオのキミ・ライコネンとの接触によりレースが台無しになったと嘆いた。しかし、マシン自体にトップ10に入れる力はなかったとも認めている。


 ベッテルとチームメイトのランス・ストロールは、予選でトラフィックの影響もあり、Q1で敗退、ジェッダのスターティンググリッドで後ろから2列目に並んだ。


 しかしベッテルは好スタートを切り、チャンスを捉えては競り合いを切り抜けていき、レッドフラッグの影響もあり、17周目には8番手にまで上がっていた。だが後ろを走る角田が追い越しをかけた際に接触が起き、ベッテルはスピンを喫し、順位を落とすことになった。

2021年F1第21戦サウジアラビアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

「僕たちはできることをやった。素晴らしい仕事をしたと思うよ」とベッテルは語った。「17番グリッドからスタートして、トップ10内を走っていたんだ」


「フェラーリ2台の前を走っていた。カルロス(・サインツ)は後方グリッド(15番グリッド)からのスタートだったが、彼ら(シャルル・ルクレール)のグリッド(4番グリッド)を考えれば、僕たちはできることをすべてやったと言っていいと思う」


「でも、レースのなかで、前が開けた時に分かったのは、僕たちにはペースがないということだった。ストレートラインスピードがなかったと言うべきかな。だからそこ(トップ10内)にふさわしい速さではなかったんだ」


「(サーキットの)どこを走っていても裕毅の方が速かった。10周以内に彼は前に出ることができたはずだよ」


「あの時、彼がロックアップしたので、僕はイン側に戻って前に出た。そこで接触してしまい、僕たちのレースは台無しになった。辛いよね。もしかしたら1ポイントはつかめたかもしれないんだから」

2021年F1第21戦サウジアラビアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)とキミ・ライコネン(アルファロメオ)
2021年F1第21戦サウジアラビアGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)とキミ・ライコネン(アルファロメオ)

 しかしベッテルにとって、インシデントはそれが終わりではなかった。友人でフェラーリの元チームメイトのキミ・ライコネンとのホイール・トゥ・ホイールの戦いから、またしても接触が起き、ベッテルはマシンにダメージを負い、最終的にリタイアする羽目になった。


「彼がどこに行こうとしていたのか分からない」と4度の世界チャンピオンであるベッテルは言う。


「驚いたよ。直前にミラーをチェックした時には僕がコーナーのイン側にいて、左に向かっている時に(接触が)起きた。彼がどこに行きたかったのか分からない」


「何度かスタートがあって、このコーナーはとても狭く、マシン2台が並べないことは分かっていたと思う」


 レース後にこのインシデントについてライコネンと話し合ったかと尋ねられたベッテルは、「特に話さないよ。キミは元々無口だからね!」と答えた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/7(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/8(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/9(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第5戦マイアミGP 5/8
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号