F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

4台のタイヤが決勝中にパンク。ピレリF1、ロングスティントによる摩耗と縁石への衝突が原因と推測。本拠で詳細な調査へ

2021年11月22日

 F1第20戦カタールGP決勝で、タイヤのトラブルが相次いだ。タイヤサプライヤーであるピレリのF1およびカーレーシング責任者マリオ・イゾラは、初期の見解として、1回ストップを狙って長いスティントを走ったことによる摩耗と縁石にヒットしたことへの衝撃の組み合わせが、タイヤのトラブルにつながったとの推測を示した。


 バルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)の左フロントタイヤがパンク、ボッタスとラティフィは後にリタイアした。
 ピレリはF1初開催のロサイル・インターナショナル・サーキットに、最もハード寄りの3コンパウンドを持ち込んでいた。


 イゾラはレース後のピレリのリリースにおいて、次のようにコメントしている。


「レースのなかで、1回ストップはタイヤの摩耗の面で限界に近く、高度なマネジメントが必要であることが明らかになった」


「レース終盤に向けて、何人かのドライバーにタイヤの問題が発生した。これは長いスティントを走ったことによる極めて高い摩耗、そしてアグレッシブな縁石に高速で衝突することの組み合わせが原因だと思われる。しかし、ミラノの拠点で完全な分析を行った上で、具体的に何が起きたのかを解明する」

2021年F1第20戦カタールGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がリタイア
2021年F1第20戦カタールGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)がリタイア

 レース直後、初期調査についてイゾラは次のように説明した。


「(影響を受けたのは)左フロントだ。このタイヤに最も負荷がかかる。だが、過剰なエネルギーが原因で(問題が)引き起こされたと申し上げたくはない」とイソラは『Sky Sports F1』に対して述べた。


「最初に皆さんにお伝えできるのは、すべてのタイヤがかなり摩耗しており、100パーセントに近い状態だったということだ。タイヤにはカットが見られる。これが空気圧低下の前に生じたものなのか、後に生じたものなのか、理解する必要がある」


「チームからのテレメトリーデータを待っているところだ。これは、空気圧低下が突然起きたのか、それがいつ起きたのかを理解するための、極めて重要な要素だ」


「(タイヤがパンクした)すべてのドライバーがピットに戻ることができた。つまり彼らは空気圧低下に見舞われたものの、マシンをコントロールし、ピットに戻るのに十分な時間があったということだ」


「このサーキットでは高速で縁石に衝突する場面が多く見られる」


「(多くのチームが)シャシーやフロア、ウイングにもダメージを受けていることは周知の事実だ。タイヤが摩耗した場合には、縁石や大きな衝撃、高いエネルギーの衝撃に対する防御力が弱まる。そしてタイヤの空気圧が下がり始める可能性がある。そうなるとタイヤを交換しなければ、パンクしてしまう」


 タイヤがパンクしたマシンは、ピレリが望んでいたよりも長いスティントで走っていたのだと思うかと聞かれたイゾラは、「いくつかのチームは1回ストップ戦略で走ろうとしていた。このサーキットはオーバーテイクが難しいため、ピットストップでタイムを失いたくなかったためだ」と述べた。


「だが我々が2回ストップ戦略を予想した理由は、金曜に集めたタイヤ摩耗のデータにある。左フロントの摩耗が非常に高かったのだ。今日は例えば、左フロントと左リヤは、どちらも100パーセントまで摩耗していた」


「だが左フロントだけがパンクした理由については、これから調査を行う必要がある」



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編