F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

Q2敗退のペレス「マシンは速かった。渋滞の影響でラップをまとめられず」レッドブル・ホンダ/F1第20戦

2021年11月21日

 2021年F1カタールGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは11番手だった。ペレスはQ2で最初はミディアムタイヤでアタックしたがトップ10に入れず、最後のランにソフトを使用したものの、十分にタイムを上げることができなかった。


■セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング・ホンダ)
FP3 5番手(1分22秒846:ソフトタイヤ/14周)
予選 11番手(Q1=5番手1分22秒398:ソフトタイヤ/Q2=11番手1分22秒346:ソフトタイヤ)

2021年F1第20戦カタールGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 僕にとってクレージーな予選だった。予選前まではいい位置にいて、FP3の後には、施してきた変更に自信を持っていた。予選で強さを発揮するための要素はすべて揃っていたと思う。でも肝心な時にうまくまとめあげることができなかった。


 夕方のコンディションに臨むにあたり、タイヤを準備するアプローチを変更した。でも望んでいたようなラップを走ることができなかった。ひどいトラフィックに遭遇して、大事な時にうまくラップをまとめられなかったんだ。その結果、Q2脱落という代償を払う結果になった。


 僕たちはチームだ。いつだって皆でひとつのチームなんだ。今日はうまくやれなかったけれど、今は明日を楽しみにしている。


 マシンには速さがあり、この問題がなければ、速さを発揮できたと思う。週末を通していい位置にいたから、今日上位に行けない理由はなかった。つまり明日は戦えるはずだ。


 期待外れの一日になったけれど、大事なのは日曜だ。挽回してダメージを最小限にとどめたいと思っている。このコースでオーバーテイクを成功させるために頑張るよ。決勝日に強さを発揮して、ポジションを上げて大量にポイントを獲得したい。


(予選直後に語り)クリーンなアウトラップを走ることができななかった。何度もトラフィックに遭い、それによってタイヤが冷えたままセクター1に入ることになった。そして最終セクターではタイヤがオーバーヒートした。



(autosport web)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号