F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アストンマーティンF1のベッテルがパワーユニット交換へ。グリッド降格でアメリカGPは後方スタートの見込み

2021年10月22日

 アストンマーティンF1チームのセバスチャン・ベッテルは、F1第17戦アメリカGPでパワーユニット(PU)のエレメント交換を行う予定であることを明かした。その場合、ベッテルはグリッド降格ペナルティを受ける。


 木曜記者会見で、アメリカGPがどのような週末になると思うかと聞かれた際にベッテルは、「難しい週末になると思う」と答えた。


「エンジンを交換して、ペナルティを受ける予定だ。スタートポジションから何ができるかを見ていく。とはいえ、ここで僕らは強いのではないかと思っている。どれぐらい強いかは、これから確認しよう」


 ベッテルはメルセデス製パワーユニットのどのエレメントを交換するのか、詳細については語らなかった。

2021年F1第17戦アメリカGP木曜 セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンAMR21
2021年F1第17戦アメリカGP木曜 セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンAMR21

 2021年のF1レギュレーションでは、1台のマシンが1シーズンに使用できるパワーユニットのエレメントの基数は、エンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャーは3基、エナジーストア、コントロール・エレクトロニクスは2基、エンジン・エキゾーストシステムは8基に制限されており、これを超えるとグリッド降格ペナルティを受ける。


 ベッテルのパワーユニットは、エンジン・エキゾーストシステム以外は、すべて制限に達している。そのため、最少で10グリッド降格、最大で最後尾へと降格される可能性がある。


 しかしベッテルは、サーキット・オブ・ジ・アメリカズはオーバーテイクが可能なサーキットであるとして、この週末に新品パワーユニットを入れるのはいい選択であると考えている。


「ここでは(オーバーテイクが)可能なので、(パワーユニット交換をするには)いい場所だと思う」とベッテル。


「日曜の午後は、ポジションを上げていって上のグループで戦えればいいね。楽しいレースになることを期待している」



(autosport web)




レース

12/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/5(日) 決勝 翌2:30〜


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号