F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1でタイヤテストを担当したアルボン、走行機会のなかったウイリアムズに「知識を持ち込みたい」

2021年10月22日

 アレクサンダー・アルボンは、レッドブルで行った2022年に向けたシミュレーター作業とピレリの18インチタイヤでの経験は、来シーズンには彼のアドバンテージとなり、ウイリアムズに利益をもたらすだろうと述べている。


 この1年間、アルボンはレッドブルのリザーブドライバーを務めていたが、2022年にはウイリアムズからF1グリッドに復帰する。DTMドイツ・ツーリングカー選手権の一部のレースにも参戦していたアルボンは、リザーブドライバーとしての任務を果たすと同時に、完全に新しくなる2022年マシンのシミュレーターでの開発に幅広い協力を行っていた。


 レッドブルのシミュレーターで数え切れないほどの時間を過ごし、今年と来シーズンの開発に取り組むことで、アルボンはF1に適応し続けることができた。アルボンは充実した時間を過ごしたため、2022年は自身とウイリアムズが優位に立てると考えている。


 『The Race』から来年のマシンの経験がアドバンテージとなるか尋ねられたアルボンは次のように答えた。


「そうだね。タイヤについてもそうだ。なぜならウイリアムズは18インチタイヤのテストをするチャンスがなかった。だから僕は彼らに知識を持ち込めることを願っている」


「今年得た知識を活用して、来年チームがマシンをより早いペースで開発できるように手助けすることが重要になるだろう」

2022年用18インチF1タイヤテスト(シルバーストン) アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2022年用18インチF1タイヤテスト(シルバーストン) アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


 アルボンは今年積み重ねた経験に加え、レッドブルでの困難な2020年シーズンで学んだ貴重な教訓と価値ある知識を武器に、2022年の戦いの場へ復帰することになるだろう。


「昨年から今年に入るにあたって、違うやり方でできたはずのことは間違いなくあったと思う。フィードバックや、パフォーマンスがマシンのどこから生まれているか理解するといった点でね」


「それは本当に重要だし、理解するのに時間と周回数が必要なことだ。各マシンは、燃料が多い時、少ない時、予選を走る時などに、それぞれの特性を発揮する。変化することがたくさんあるし、それがよりよいパフォーマンスを引き出せるようになるための正しいステップだと感じている」


「それが今の僕が確実に持っている知識のすべてで、来年に活用できると思っているよ」


「一般的な話をすれば、昨年はフリー走行はかなりよかったと感じている。いつも僕が少々苦戦するのは予選だった。今ではそのことが分かっていて、来年に活かすことができると思っている」

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第14戦トルコGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編