F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル「走行ラインが乾き始めるとタイヤの摩耗が激しくなり、難しさが増した」:ウイリアムズ F1第16戦決勝

2021年10月12日

 2021年F1第16戦トルコGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは15位、ニコラス・ラティフィは17位だった。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=15位

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第16戦トルコGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 楽なレースではなかったことは間違いない。最初の10周ほどは、とてもいい感じだった。ところが、走行ラインが少しずつ乾き始めるとインターミディエイトタイヤの摩耗が激しくなり、むしろどんどん難しさが増していった。あれはなかなか経験することのないコンディションだった。乾いたラインが見え始めていながら、雲が低くて温度も上がらないために、スリックへのチェンジオーバーに近づく感じではなかったんだ。


 今日は望んでいたほどのペースを発揮できなかったとはいえ、学べることがいろいろとあったのは確かだ。誰にとっても、対処がとても難しい状況だったと思う。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=17位

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第16戦トルコGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 僕のレースは、オープニングラップのスピンで台無しになった。そこで前方との差が大きく開いてしまい、どう頑張っても遅れを取り戻すことはできなかった。ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンの2台のハースを抜くのに、あまりにも時間がかかりすぎたのも痛かった。


 だけど、グランプリの最初から最後までウェットだったのは、僕にとっては今回が初めてで、いい経験になったよ。もちろん、この結果は望んでいた位置を下回るものだが、いいペースで走れた時間帯もあった。スピンで失った時間を挽回しようと努めたけど、こういうコンディションでは(タイヤのことを考えると)プッシュするといっても、きわめて限られた範囲でのことになる。そういう学びも含めて、今日のレースにもポジティブな面はいくつかあった。ただ、本当に欲しいのはポジティブな結果であって、その意味で悔しさは残るね。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号