F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「最善の戦略をとったが、タイヤがどうなるか予想がつかなかった」:マクラーレン F1第16戦決勝

2021年10月12日

 2021年F1第16戦トルコGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは13位でレースを終えた。


■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=13位
 レースのスタートから4周くらいの間はいいペースで走れたのに、その後は厳しかった。最初はフロントのグリップ不足で苦戦して、他のクルマについて行くのが本当に難しかった。それもあって、ピットに入ってタイヤを新品に交換したんだ。


 交換の直後はリヤのグリップがいまひとつで、また苦労させられたけど、しばらくするとそれは良くなった。ただ、このタイヤなら本気でプッシュできそうだと感じたのは、やはりそのスティントの最初の4周ほどだった。僕としては、とにかくプッシュできるタイヤが欲しかったんだけどね。


 レース全体としてはポジティブだった。タイヤ交換の後、リヤがグリップし始めた時には、そこからどんどん良くなるかもしれないと思って、ちょっと興奮したほどだ。ただ、それは4周しかもたず、その後はまたリヤのグリップが落ちていった。終盤の10周ほどは、もう防戦一方になってつらかったよ。


 僕らはポイント圏内を争っていたし、あれが最善の戦略だった。ただ、タイヤがどう反応するかは、まったく予想がつかなかった。他のドライバーは最初のセットでもっと長く走り続け、ひとりは1セットで最後まで走ってしまったのも知っている。でも、レースを終えて自分のタイヤを見ると、もう完全に終わる一歩手前だった。


 残念ながら、あまりいいレースはできなかったけど、何が良くなかったのか分析してみるつもりだ。明るい面としては、もうすぐブリスケットをお腹いっぱい食べられることだね。そう考えるとハッピーになれる。オースティンを楽しみにしているよ。

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第16戦トルコGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号