F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「表彰台を逃したけれど、戦略に後悔はない」フェラーリ/F1第16戦決勝

2021年10月11日

 2021年F1トルコGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは4位、カルロス・サインツは8位だった。


■スクーデリア・フェラーリ
シャルル・ルクレール 決勝=4位
 全体的に見てポジティブなレースだったと思う。競争力が高く、特にファーストスティントではマシンの感触がとてもよかった。


 最初のインターミディエイトタイヤで長いスティントを走った。他の人たちが新品に交換するためにピットインした後、ユーズドの僕たちの方が少し速いことが分かった。でも、交換したてのときは皆グレイニングに苦労していたけれど、数周走ると問題なく走れるようになり、パフォーマンスが向上したんだ。それで、僕たちもタイヤ交換をしなければならないと分かった。


 僕たちは皆と違って遅い段階でピットストップをしたので、グレイニングの時期を抜けられるだけの周回数が残っておらず、挽回できなかった。表彰台フィニッシュを逃したことは残念だ。でもパフォーマンスがよかったので、それはポジティブな要素だよ。


 最後の10周にタイヤを機能させることができなくて、表彰台を失ったけれど、何も後悔はない。

2021年F1第16戦トルコGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第16戦トルコGP カルロス・サインツJr.(フェラーリ)


■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=8位
 僕にとってのベストレースのひとつだし、フェラーリ加入後でいうとたぶん一番いいレースだと思う。トリッキーなコンディションで、ファーストスティントはかなり緊張を強いられたけれど、楽しくもあった。コースのさまざまな場所でオーバーテイクして、いろいろなラインを使って走ったんだ。


 ピットストップで問題が起きたのは残念だった。ピットストップ作業自体は速かったので、なぜマシンのリリースに時間がかかったのか、分析する必要がある。(エステバン・)オコンの後ろではなくて、ランド(・ノリス)の近くで戻っていたはずだった。最後の10周はコース上最速のひとりだったから、本当ならもっと上の順位でフィニッシュできたと思う。とはいえ、ああいうことは時には起こるものだし、今日はポジティブな要素をたくさん見つけることができた。


 このマシンで走ることがすごく楽しくなってきたし、理解も深まってきている。この勢いを維持して今後のレースに臨みたい。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 21:00〜22:00
フリー走行2回目 24:00〜25:00
7/2(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
7/3(日) 決勝 23:00〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号