F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【角田裕毅F1第16戦密着】ハミルトンを相手に8周目まで粘るも「十分じゃなかった」と悔しさを滲ませたトルコGP

2021年10月11日

 F1第16戦トルコGPのレース後の角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、悔しさを体全身から滲ませていた。それは、今年見てきたこれまで15戦とはまったく違うものだった。その悔しさは、レース後の取材の最後に次戦アメリカGPへ向けた抱負を聞いた際の、こんなやりとりからも十分うかがえた。


「もちろんアメリカも全力でいきたいです。でも、いまはまだ気持ちが切り替えられていないので……」


 それだけ今日は悔しかったのかと尋ねると、「はい」と言って、その場を後にしたほどだった。


 角田がこのレースでここまで悔しい思いをした理由はふたつあった。ひとつはレース序盤のルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルだ。


 レース後の取材で海外のメディアが「ルイスとのバトルは楽しめたか?」と質問すると、角田は「僕にはそれはどうでもいいことです」と言った後、こう続けた。


「僕にとって大切なことは、ホンダのラストイヤーにホンダとレッドブルとマックス(・フェルスタッペン)にチャンピオンを獲ってもらうこと。だから、抜かれないよう全力で戦いました」


 8周目まで粘ったことを尋ねられると、「それは決して十分じゃなかった」と悔しがった。

【角田裕毅F1第16戦密着】
背後に迫ったハミルトンを8周目まで抑え続けた角田


 もうひとつの理由は、22周目のスピンだ。その理由を角田はこう説明した。


「ハミルトンとのバトルでかなりタイヤを消耗してしまって、なかなかペースを上げるのが厳しい状態だったのに、プッシュしたらスピンしてしまいました」


 8周目にハミルトンにオーバーテイクされた角田は、17周目にカルロス・サインツ(フェラーリ)にも抜かれ、10番手となる。そのため、ペースが落ちたと勘違いしたのだが、実際にペースは落ちておらず、ラップタイムは徐々に上がっていた。しかし、パワーユニットを交換して最後列からスタートしたサインツがあの時点でほかのドライバーより速かっただけだった。

【角田裕毅F1第16戦密着】
最後列からスタートしサインツが角田に追いついた


 ところが、サインツに抜かれて10番手となった角田は、ポイントを死守しようとさらにペースアップを図ったために足をすくわれてしまった。チーム側がサインツのペースと、そのほかのドライバーのペースを角田に伝え、「このままのペースで走れば、ポイントを十分獲れる」などといったコミュニケーションをとっていれば、角田もあそこで無理はしなかったのではないかと考えると、悔やまれるスピンだった。


 しかし、フランツ・トスト代表はこう言う。


「ユウキについては、いいスタートをし、素晴らしいパフォーマンスで長い間ハミルトンを抑え、かなりのラップで8番手を維持してくれた。その後、スピンして14番手に下がってしまったのは残念だが、彼にとっては大きな学習プロセスであり、ウエットで走る機会もそれほどないことから、インターミディエイトがどのように機能するのか、こういったコンディションにおけるクルマの挙動を学習できたことは大きな収穫だと思っている」


 確かにトルコGPで角田はつまずいた。しかし、この日のレースでつまずいたのは、角田だけではない。角田に8周目まで抑えられたハミルトンも、レース後は悔しさを滲ませてミックスゾーンにやってきた。大切なことはつまずいたかどうかではなく、どうやって立ち直るか。アメリカGPに期待したい。

【角田裕毅F1第16戦密着】
2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号