F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅14位「学びを深められたが入賞を逃したことが残念」代表はハミルトンを抑え続けた走りを高く評価/F1第16戦

2021年10月11日

 2021年F1トルコGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は14位でフィニッシュした。


 9番グリッドからインターミディエイトタイヤでスタート、1周目にひとつ順位を上げ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)の前の位置を7周目までキープした。17周目にカルロス・サインツ(フェラーリ)に抜かれ、22周目にターン9でスピンを喫し、13番手に落ちた。35周目にインターミディエイトタイヤに交換。レース後半は14番手を走り、その位置でフィニッシュした。


 チーム代表フランツ・トストは角田のレースについて次のようにコメントした。


「裕毅はいいスタートを決めて、何周にもわたって8番手をキープし、ハミルトンを長時間にわたって抑え続け、素晴らしいパフォーマンスを見せた」


「その後、残念ながらスピンをし、14番手に落ちた。彼は(F1において)ウエットコンディションで走る経験がこれまで多くはなかったので、今回は学習する重要な機会になった。インターミディエイトタイヤがどう機能するのかについての理解を深め、こういったコンディションでのマシンにもさらに慣れることができただろう」

2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
角田裕毅 決勝=14位
9番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→35周目インターミディエイト


 今日はトップ10以内でフィニッシュできる位置にいたので、本当に残念です。序盤のハミルトン選手とのバトルでタイヤを使い過ぎたことで、その後はペースを保つのが大変でした。不運にもスピンを喫してしまい、レースが台無しになってしまいました。今日はインターミディエイトタイヤで周回を重ねたことで、学びを大きく深められましたが、チームのチャンピオンシップのために何としてもポイントを獲得したかったので、がっかりしています。



(autosport web)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 20:30〜21:30
フリー走行2回目 24:00〜25:00
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2023年総集編