F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

角田裕毅、チームの期待に応えて予選トップ10入りも「もっと上が可能だったのでがっかりしている」/F1第16戦

2021年10月10日

 2021年F1トルコGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は第9戦オーストリアGP以来のQ3進出を果たし、10番手を獲得した。決勝はソフトタイヤでスタート、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のグリッド降格により9番グリッドに繰り上がる。


 チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズは、FP2の後にバランス改善のためにマシンに大きな変更を加え、これがうまく機能したと述べている。また、予選Q2で、ピエール・ガスリーと角田を異なる戦略で走らせたことについて次のように説明した。


「予選に向けて、ふたりを少し異なるタイヤプランで走らせることに決めた。裕毅には、できる限り上位のスターティンググリッドを獲得させたかったので、ソフトタイヤで走らせ、ピエールには、レース戦略を最適化するためにQ2ではミディアムタイヤのみを使わせた」


「裕毅は今週末、しっかり進歩している。彼が再びQ3に進出することができてよかった」

2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第16戦トルコGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
FP3 8番手(1分31秒981:インターミディエイトタイヤ/21周)
予選 10番手(Q1=10番手1分25秒409:ソフトタイヤ/Q2=8番手1分24秒054:ソフトタイヤ/:Q3=10番手1分24秒368:ソフトタイヤ)


 今日のパフォーマンスにはがっかりしていると言わざるを得ません。マシンのペースはいいと思うので、もっと上位からスタートできるはずでした。チームは素晴らしい仕事ぶりでしたが、僕がQ3でうまくまとめきれませんでした。


 明日はソフトタイヤでのスタートになり、周りのマシンとは異なる戦略になるので、チャンスを生かしきれるように、今夜しっかりと準備をしなければなりません。ただ、予選でトップ10入りできたことはポジティブですし、今週末の目標はポイント圏内でフィニッシュすることなので、明日の好位置からのスタートでそれを達成できればと思います。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号