F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ハミルトン、4基目のICEを投入。メルセデスは『TD37』に大きく影響を受けたか

2021年10月8日

 2021年F1第16戦トルコGP初日、フリー走行1回目の開始と同時に、メルセデスがルイス・ハミルトンのパワーユニットのうち、ICEとエキゾーストに新品を投入したことを発表した。このうち、ICEは今シーズン最初の4基目となるため、10グリッド降格のペナルティが科せられることとなる。


 じつは前日の木曜日に、メルセデスのチーフレースストラテジストのジェームス・ヴァレスは「これからの5戦のうちにルイスのパワーユニットのいずれかに4基目を投入するのは間違いない」と語っていた。


 F1にパワーユニットが導入されて以降、常に最強の座に座り続け、昨年も年間3基で賄ってきたメルセデス。しかし、今年はすでにチームメイトのバルテリ・ボッタスがイタリアGPとロシアGPで相次いで4基目と5基目を投入したのに続いて、今回はタイトル争いを繰り広げているハミルトンのパワーユニットにも4基目を投入したことに、パドックでは衝撃が走っている。


 ヴァレスは今シーズン、レギュレーションの規約を超えてパワーユニットを投入しなければならなくなっている理由を次のように説明した。


「TD37の影響が大きいと思う」


 TD37とは、2020年のイタリアGPからFIAによって発行された『技術司令37条』のことで、おおまかに言えば、予選と決勝レースを同じモードで走行しなさいという内容だ。


 これにより、これまでのように予選ではエンジンをパワーアップして走行させてポールポジションを獲り、レースでは耐久性を考えてパワーダウンさせるという使い方ができなくなった。


 つまり、この事実は今年のレッドブル・ホンダが序盤戦からメルセデスと接戦を演じ、予選だけでなくレースでもプレッシャーをかけ続けている証左でもある。

F1 Topic
2021年F1第16戦トルコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)のマシン



(Masahiro Owari)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/24(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン287.5
2位ルイス・ハミルトン275.5
3位バルテリ・ボッタス185
4位セルジオ・ペレス150
5位ランド・ノリス149
6位シャルル・ルクレール128
7位カルロス・サインツJr.122.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム460.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ437.5
3位マクラーレンF1チーム254
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ250.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ94
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム62
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号