F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第12戦無線レビュー】「セーフティカーに近づくだけで何も見えない」先頭のフェルスタッペンも視界不良を主張

2021年9月2日

 2021年シーズンは後半戦を迎えた。その初戦となったベルギーGPの決勝レースは大雨の影響により、何度もスタートが遅れ、レースは赤旗中断に。約3時間にわたる長い中断を経て、再びセーフティカー先導で走り出したものの、わずか3周で終了となった。悪天候での走行中、何人ものドライバーが視界不良を訴えた。そんなベルギーGPを無線とともに振り返る。


────────────────────


 今年のベルギーGPは、3日間毎日不純な天候に見舞われた。初日こそドライ路面で周回できたが、2日目は完全ウエット。そして決勝日は、もはやスパウェザーとすら呼べない悪天候に見舞われた。


 そんな大雨にもかかわらず、ピットレーンスタートとなったキミ・ライコネン(アルファロメオ)を除く19台がウエットタイヤでレコノサンスラップに出て行った。しかし走り始めてすぐ、最悪のコンディションであることをドライバーたちが訴えた。


ルイス・ハミルトン:フロントのグリップが全然ないよ
ピーター・ボニントン:リヤタイヤは?
ハミルトン:リヤも全然。でも特にフロントがひどい。左がロックしまくりだ


ヒュー・バード:コンディションはどう?
セルジオ・ペレス:視界がひどい。全然前が見えないよ
バード:ピットに戻ってこい


 そのやり取りの直後、ペレスはレ・コンブからの立ち上がりでコントロールを失い、アウト側のバリアに突っ込んで行った。


バード:レース終了だ。ポジション1。エンジンを切れ

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP レコノサンスラップでクラッシュしたセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)


 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)の担当エンジニア、ジャンピエロ・ランビアーゼが状況を伝える。
 
ランビアーゼ:チェコがターン6で壁にヒットした。レースには出られそうにない


 ライコネンとペレスを除く18台が、グリッドに着いた。しかし雨はいっこうに止む気配がない。


ハミルトン:この雨は、もっと降るんだよね?
ボノ:ああ。もっと強くなりそうだ


 5分刻みのスタートディレイが繰り返され、いつレースがスタートできるのか誰にも見えない状況だ。この週末はダニエル・リカルド(マクラーレン)にとってはF1デビュー200戦目という記念すべきグランプリだったが、そんな時でもユーモアを忘れない。担当エンジニアのトム・スタラードとのやり取りには、ニヤリとするしかない。


リカルド:知ってるかどうかわからないけど、今日が僕の200戦目なんだ
スタラード:ああ、そんな噂は、聞いたことがあるよ


 午後3時25分、セーフティカー先導のフォーメーションラップが25分遅れで始まった。しかしレースができる状況でないことは、誰の目にも明らかだった。


ハミルトン:前が全然見えないよ


 ウエット路面では絶対的に有利なはずのポールシッターのフェルスタッペンでさえ、視界が確保できない。


フェルスタッペン:セーフティカーに近づくだけで、何も見えなくなる

悪天候による3時間の中断を挟み、3周目に終了。フェルスタッペンが優勝、2位ラッセルが初表彰台【決勝レポート/F1第12戦】
25分のディレイの末、セーフティカー先導でフォーメーションラップが始まった


 前日の予選でクラッシュを喫したとはいえ、Q1、Q2で圧巻のトップタイムを叩き出したランド・ノリス(マクラーレン)にとっても、この状況は限度を超えていた。


ノリス:前を走ってるはずの車が、全然見えない。おまけに完全にアクアプレーニング(状態)だし


 前を走るF1マシンがフェルスタッペン1台だけのはずのジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)も、「最悪だ」と訴える。


ラッセル:オールージュから先が、ターン5まで全然見えないんだ。すぐ前のはずのフェルスタッペンのテールランプさえ見えないよ


リカルド:最悪なのはストレートで何も見えないことだ

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2021年F1第12戦ベルギーGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)


 リカルドのいう通り、もしストレートを全開走行中にスローダウンしている先行車が目の前に現れたら、その時はすでに手遅れだ。それでもポールシッターのフェルスタッペンは、「今ならレースできる」と叫んだ。しかしその主張が現実的でないのは明らかで、約15分後には赤旗中断となった。


 気温12度、冷たい雨の降りしきるなか、少なからぬ観客がサーキットから去って行った。それでも大部分の人々は延々3時間近く待ち、現地時間午後6時17分にレースが再びSC先導で始まった。しかし依然として、まともに走れる状況ではない。
 
ラッセル:時速180kmを超えると、水しぶきで何も見えなくなる


フェルスタッペン:コンディションは確実に3時半より悪くなってるね

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第12戦ベルギーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 3時間前にレースを敢行すべきだったという主張だった。そしてリカルドは、口調自体は冷静なものながら、「もうたくさんだ」と繰り返した。
 
リカルド:とても無理だよ。走行ラインが全然残らない。いったん見えても、すぐに消えてしまう。それぐらいの雨なんだ。確実にアクアプレーニングレベルだよ


 リカルドのコメントがとどめになったかのように、SC先導のレースは3周目に赤旗となり、今年のベルギーGPは終了した。



(取材・まとめ 柴田久仁夫)




レース

9/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
9/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号