F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセルが2位でF1初ポディウム「変な経緯であっても、表彰台は表彰台」ウイリアムズ/F1第12戦

2021年8月30日

 2021年F1ベルギーGP決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは2位を獲得し、F1で初の表彰台に上った。ニコラス・ラティフィは9位だった。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=2位
 コース上は信じられないほど難しいコンディションだった。僕は2番手で、前にはたった1台しかいなかったのに、それでも前を走るマックス(・フェルスタッペン)が時々見えないことがあった。


 レースができなかったことを、見に来てくれた人たち、そして中継を見ていてくれた世界中の人たちにとても申し訳なく思う。ただ、安全がなにより優先されなければいけないんだ。


 このようなかたちでレースが終わるのは自分のキャリアでも初めてだったから、ちょっと奇妙な気分ではあるけれど、表彰台は表彰台だ。どんな状況であれ、僕たちが成し遂げたことだ。昨日チームとして行った素晴らしい仕事が報われたんだ。


 もちろん、仮に今日のレースが予定通り進んでいたとしたら、僕たちがこのポジションをキープするのはかなり難しかったと思う。それでも、チャンスがあれば手に入れるべきだ。


 ウイリアムズでの初ポイントを、僕は前戦ハンガリーGPで獲得したばかりだった。そしてここベルギーGPでは表彰台に立つことができた! これは、過去3年間にわたってチームの全員が積み重ねてきた大きな努力に対する報酬だ。

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=9位
 もちろん、このようなかたちでレースウイークを終えたくはなかった。誰もがレースを戦いたいと思っていたはずだ。けれども、残念ながらそうするにはあまりにも危険な状況だった。


 でも、ファンは本当に不運だったと思う。一日中、あの寒さのなかで待ち続けてくれたのだから、すごく気の毒だった。最後まで残ってくれた人たち全員に感謝したい。


 チームの観点から言えば、今回もポイントを稼ぎ、表彰台を獲得できたことは、コンストラクターズ選手権でのポジションを固めるうえで役立つはずだ。今日は大きな成果が得られた一日だった。

2021年F1第12戦ベルギーGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第12戦ベルギーGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号