F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1辛口コラム 前半戦総括:効果のないメルセデスとの心理戦を止めてレースに集中を

2021年8月23日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブルの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レッドブル・ホンダの走りを批評します。今回はF1の2021年シーズン前半戦の戦いを辛口の視点で振り返っていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私は毎年、新年を迎えるたびに、「もっとポジティブな人間になる」という誓いを立てる。だが2月の初めにはその意志が崩れ去ってしまう。そうして元の皮肉屋の老人に戻り、他人の短所や欠点にばかり目を向け、長所や功績を無視するようになるのだ。私の妻に聞けば、それについていくらでも話をしてくれるだろう。

 だが今年は例外で、自分を褒めたいぐらいに前向きさを保っている。それは私の性格のもうひとつの特徴によるものかもしれない。私は、皆が進もうとする方向とは必ず逆の方を目指す、あまのじゃくだ。コロナ禍で、誰もが家に閉じこもり、出歩くのを制限され、健康が政治的な問題になっている。当然、我々の世代の誰もが今、暗い気持ちになっているのだが、そうなると私は逆に、物事の明るい面を見るようになってくるわけだ。

 妙にポジティブな私を見て、妻やその友人たちは、隠れてお酒でも飲んでいるんでしょう、と言っている。なかには私がすっかりもうろくしてしまったと言い出す者もいる。後者に関しては断固として抗議するが、前者については反論を控えよう。

 レッドブルとホンダは、不運な出来事によってハンガリーGPを悲惨な結果で終え、選手権トップの座を明け渡した。日本の旧友たちが、サマーブレイクの間、嘆き続けたので、私は懸命に慰めようとした。

「こういう風に考えたらどうだろう」と私は提案した。

「トップと僅差の選手権2位だ。それにがっかりしているのは、勝利が見えているからこそだ。レッドブルもホンダも久しぶりにそういう立場に立った。すごいことだと思うよ」

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/11(土) フリー走行2回目 結果 / レポート
スプリント予選 結果 / レポート
9/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン226.5
2位ルイス・ハミルトン221.5
3位バルテリ・ボッタス141
4位ランド・ノリス132
5位セルジオ・ペレス118
6位シャルル・ルクレール104
7位カルロス・サインツJr.97.5
8位ダニエル・リカルド83
9位ピエール・ガスリー66
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム362.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ344.5
3位マクラーレンF1チーム215
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ201.5
5位アルピーヌF1チーム95
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ84
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム59
8位ウイリアムズ・レーシング22
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン3
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦シンガポールGP 10/3
第17戦日本GP 10/10
第18戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第11戦ハンガリーGP号