F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ辛口コラム F1第6戦:予想できないタイヤトラブルでワンツーフィニッシュが台無しに

2021年6月14日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブルの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レッドブル・ホンダの走りを批評します。今回はF1第6戦アゼルバイジャンGPの週末を辛口の視点でジャッジ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 美しきイタリア。最高のワイン、美味な料理、フレンドリーな人々、見事なモニュメント、美しい風景を持つ国。だがタイヤを作らせたら最悪だ。タイヤはマシンと地面をつなぐ唯一の部品だ。いったい誰が、モーターレースで最も重要な部品の供給をイタリアの会社に任せることが賢明だと判断したのだろうか?

 70周走り続けてもデグラデーションが出ないタイヤが手に入るとか、コンパウンドの組み合わせによって決勝で戦略のバリエーションが広がって、終盤にエキサイティングな展開がもたらされると期待したのかもしれない。だが、実際は、誰も理解できないタイヤで、誰ひとり予想しないタイミングで劣化し、サーキットの最高速の箇所で時々壊れてしまうようなシロモノだ……。

 ピレリはランス・ストロールとマックス・フェルスタッペンに起きたタイヤトラブルの原因について調査中の段階だ。だから詳細な報告が発表されるまでは、何かを結論付けることは避けよう。とはいえ私はあまり期待していない。2005年のインディアナポリスでの一件で、ミシュランは自身の過失を認めた。だが、ピレリがトラブル発生の際に完全に自分たちのミスを認めたことがあるだろうか。私の記憶では、ない。なので、彼らが発表するのは結論のはっきりしない報告書だと予想している。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号