F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「マクラーレンは自分の場所だと感じた」元F1王者バトン、CEOの怒号が飛んだブラウンGP離脱を振り返る

2021年8月19日

 元F1ドライバーのジェンソン・バトンは、2009年にF1世界チャンピオンとなったブラウンGPを離れ、2010年にマクラーレンに移籍するという衝撃的な決断をしたことで、チームのCEOだったニック・フライの怒りを買ったと述べている。


 2009年、バトンはブラウンGPで最高の年を過ごした。6戦で優勝し、圧倒的な性能を持つメルセデスエンジン搭載のマシン『BGP001』で世界タイトルを獲得したのだ。


 バトンは2010年にブラウンGPと再契約すると見られていた。特にメルセデスと、アラブ首長国連邦が所有している企業アーバルインベストメントが、チームの株式を75%取得し、チームをメルセデスGPとしてリブランディングした後だったからだ。

ジェンソン・バトン(ブラウンGP)
2009年F1第16戦ブラジルGP 初タイトルを獲得したジェンソン・バトン(ブラウンGP)


 しかしバトンは驚いたことに、ルイス・ハミルトンのいるマクラーレンからの複数年契約のオファーを受け入れた。この決断は当時多くの人が“クレイジー”だと受け止め、フライもよく思わなかった。


「僕たちは2009年に世界選手権で優勝して、マクラーレンに来た」とバトンは『The High Performance Podcast』に語った。


「みんな、マクラーレンに移籍してルイス・ハミルトンのチームメイトになるなんて最もクレイジーな移籍だと言っていた。ロス・ブラウンですらそう言った」


「僕はチームに、2009年の終わりに去ることを伝えた。ニック・フライに話したけれど、当時ロス・ブラウンとともに経営陣のひとりだった彼は、基本的には僕にただ怒鳴っただけだった」


「彼のオフィスに行って僕がチームを去ることを伝えると、彼が僕に怒鳴ってきたので、僕は仕方なく笑い始めたのを覚えているよ。本当に気まずい状況だったからね」


「彼の気持ちは分からなくもない。彼がどれだけ攻撃的だったかもね。彼は『何で笑っているんだ』という様子で僕を見ていた。予想していなかった状況だったよ」

ニック・フライ(ブラウンGP CEO)
ニック・フライ(ブラウンGP CEO)


 バトンは、ブラウンが彼の決断に対してフライより落ち着いた様子だったことを覚えている。だがブラウンは、バトンの選択や、彼の新しいマクラーレンのチームメイトに立ち向かうことについて警告したという。


「ロスに話したとき、彼はとてもフレンドリーに、ルイスのチームメイトになるのは大きな間違いだと思うと言った」


「僕は『これは素晴らしい』ともっとポジティブな感覚だった。ついにここまで来たかという感じだったよ。来年の契約はなかったし、そこは自分の場所ではないと感じた。だけどマクラーレンは自分の場所だと感じたんだ」


 最終的にバトンはマクラーレンに7シーズン所属し、2010年から2012年の間に8勝を記録した。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号