F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説ハンガリーGP(3)アルピーヌA521:オコンの初優勝を支えたささやかなアップデート

2021年8月18日

 2021年F1第11戦ハンガリーGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、波乱のレースでF1初優勝を挙げたエステバン・オコンが乗るアルピーヌA521のアップデートを取り上げる。


───────────────────────────


 劇的な展開の末にエステバン・オコンが初優勝を遂げた。しかしアルピーヌはA521に大きなアップデートを施してはいなかった。わずかに目についたのは、リヤウイング翼端板に加えられた変化だった。


 2枚の比較写真で明らかなように、翼端板上部から伸びている4枚のすだれ状スリットが2本のスポークで翼端板下部に固定された(黄色矢印参照)。これらのスリットは、後輪ブレーキダクトのウイングレットやディフューザーと密接に連携している。

アルピーヌA521リヤウイング比較
アルピーヌA521リヤウイング比較

 ブレーキダクトのウイングレットがまず、車体下部に入り込もうとする乱流を車体からできるだけ剥離させることなく、きれいに上方に流す。そこにディフューザーが跳ね上げた気流が合流し、翼端板のスリットで整えられてリヤウイングに到達する。


 スリットの整流効果は大きく、それだけに各チームの空力エンジニアの腕の見せ所でもある。2019年にはハースがユニークな形状のスリットを投入し、去年のレッドブル、今季のマクラーレンがそれを踏襲した。

2019年F1ハンガリーGP ハースVF-19リヤウイング
2019年F1ハンガリーGP ハースVF-19リヤウイング


2020年F1シュタイアーマルクGP レッドブルRB16リヤウイング
2020年F1シュタイアーマルクGP レッドブルRB16リヤウイング


2021年新車発表会でのマクラーレンMCL35Mリヤウイング
2021年新車発表会でのマクラーレンMCL35Mリヤウイング


 今回のアルピーヌのアップデートはあくまでマイナーなもので、これでA521の空力効率が飛躍的に上がったわけではない。むしろアルピーヌマシンパッケージの長所である優れたトラクション性能、低速コーナーでのキビキビした挙動が、ハンガロリングのコース特性にマッチした点が大きかったというべきだろう。


 すでに予選からオコン8番手、フェルナンド・アロンソ9番手と速さを発揮していたものの、その位置からの優勝は普通ならあり得ない。オコンのミスのない走りとアロンソの素晴らしい援護射撃は言うまでもなく、滅多に訪れない幸運に恵まれたことも間違いない。そうして、かつてアロンソが初優勝を遂げたハンガリーGPで、オコンもF1初優勝を果たしたのだった。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号