F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、フェラーリF1移籍時には「仕事のやり方に慣れるのに1年ほどかかった」と明かす

2021年8月17日

 シャルル・ルクレールは、フェラーリのような大規模チームに存在するチームの“力学”を完全に理解するのに1年近くを要したと述べている。


 フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)のメンバーだったルクレールは、2019年シーズンを前にアルファロメオ・ザウバーからフェラーリに移籍した際、チームには多くの親しいメンバーがいた。


 慣れ親しんだ環境だったためチームに容易に馴染むことはできたが、2度のグランプリ勝者であるルクレールはそれでもなお、フェラーリの内部の仕組みを完全に理解するのに長い時間が必要だったという。


「僕は最初からリラックスしていた」とルクレールは最近の『Beyond the Grid』ポッドキャストで語った。


「学ぶべきことがたくさんあったが、でも人間関係についてはすぐに彼らと知り合えるだろうと感じていた」


「そしてあれほど大規模なチームの仕事のやり方に慣れたのは? おそらく1年くらいかかったと言える。チームの力学を完全に理解するのに1年近くかかった。どのようにトラブルに対処するか、どのように問題に反応するかということをね。そう、ほぼ1年くらいかかったかな」


 ルクレールは、適応期間は実際には早く過ぎていったと述べた。それは彼が集めた知識の量のおかげだという。


「長い時間だった。とてもとても長い時間だったけれど、すごく興味深いことでもあった」


「その期間はとても短く感じられる。すべてのステップを感じることができるし、何かを学んで適用するたびに、あらゆることがどう機能するかということをより深く学べるんだ。それに状況をさらにコントロールできると感じる」

シャルル・ルクレールはベルギー、イタリアの2連戦で優勝
シャルル・ルクレールはベルギー、イタリアの2連戦で優勝


 2019年にフェラーリから華々しいデビューを飾ったルクレールは、その年に2度のF1優勝を果たしたが、2020年シーズンは現代のフェラーリ史上最悪の、パフォーマンス上のスランプに耐えた。


 だが冬の間のマラネロにおけるハードワークは、今シーズンの大幅な進歩へとつながった。チームの前進は、ルクレールが第5戦モナコGPと第6戦アゼルバイジャンGPでポールポジションを獲得したことと、第10戦イギリスGPでの活躍によって証明された。


 良い時も悪い時もあったこの3年間を通じて、ルクレールは自身がドライバーとしてだけではなく、一個人としても成長したと語っている。


「僕はドライバーとして、またひとりの人間として大きく成長したと思う」とルクレールは話した。


「どれだけよくなっただろう? 数字で表すのは難しいけれど、でも間違いなく、デビュー当時よりは優れたドライバーになったと感じているよ」


「難しいレースが終わるごとに、またいいレースの後もどれだけ詳細を検討するかということだ……。でもそれはとてもおもしろい作業だ」


「このスポーツで僕は常に学んでいるし、グリッド上のどのドライバーも走るたびに学んでいると思うよ」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第5戦モナコGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号