F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1オランダGP、2021年は開催へ。主催者が収容率3分の2での実施を発表

2021年8月14日

 F1オランダGPのオーガナイザーが、2021年の同グランプリは予定どおり9月3日〜5日に開催し、人数を抑えるものの観客をサーキットに迎え入れる計画であることを明らかにした。


 オランダGPは1985年以来の復活を2020年に予定していたが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響により中止となった。今年は第13戦として、サマーブレイク明けの3連戦のなかの2戦目に組み込まれている。


 オランダでは7月半ばに感染者数が急増したため、オランダGP開催についての判断に注目が集まっていたが、現在では感染者数は減少傾向にある。


 主催者は、オランダ政府からの許可を得たとして、2021年オランダGPを予定どおり開催し、3分の2の収容率で観客を入れると、8月13日に発表した。

2019年レッドブル・ショーラン・イベントでザントフォールトを走行したマックス・フェルスタッペン
2019年レッドブル・ショーラン・イベントでザントフォールトを走行したマックス・フェルスタッペン

 元F1ドライバーで現在オランダGPのスポーティングディレクターを務めるヤン・ラマースは、次のようにコメントした。


「私にとってはグラスの中身は3分の2といったところだが、とにかくプランを推し進めていく」


「オランダGPの運営に携わるサーキット・ザントフォールト、スポーツバイブス、TIGスポーツの三社は、オランダにおけるF1の将来に投資することを決めた」


「世界最大の『アルティメット・レース・フェスティバル』を開催するという野心を信じることが、今後数年における主要な目標であることに変わりはない」


「今年は比較的小規模な形にはなるが、スタンドが美しいオレンジに彩られるなかで、世界選手権の戦いが繰り広げられる」


 オランダ出身のマックス・フェルスタッペンは今年F1チャンピオン候補としてシーズンを戦っており、現在、ポイントランキング首位のルイス・ハミルトンを8点差で追う展開になっている。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号