F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2位フィニッシュのベッテル「オコンはひとつもミスを犯さなかった。この勝利にふさわしい」F1第11戦決勝

2021年8月2日

 2021年F1ハンガリーGP決勝で、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは2位でフィニッシュした。しかしレース後、マシンから必要とされる量(1.0リットル)の燃料サンプルを採取できなかったことで、失格の裁定を受けた。これを受けて、アストンマーティンは上訴の意志があることを表明したため、現時点では暫定リザルトにはベッテルの2位が残されている。


■アストンマーティン・コグニザント・フォーミュランワン・チーム
セバスチャン・ベッテル 決勝=2位(暫定結果)
(※失格が発表される前のコメント)
 2位は素晴らしい結果だ。チームとして、このパフォーマンスを誇りに思っていい。ただ、あれほど優勝に近かっただけに、どうしてもあと一歩だったという気持ちは残る。


 レースのスタートでは、前方で接触が起きているのが見えたので、インサイドのラインを取った。すると、いつの間にか自分が先頭集団のひとりになっていたんだ。それからは70周の間ずっと、何とかうまく仕掛けてトップに立てないかと考え続けていたけど、このサーキットではオーバーテイクはとても難しいんだ。レースの大半を通じて、僕の方が本来のペースは速かったと思う。でも、それはオーバーテイクが可能なほどの差ではなかった。ダーティエアの中で、前のクルマにぴったり付いていくのはほとんど不可能なんだ。だから、エステバン(・オコン)にプレッシャーをかけてミスを誘おうとしたけど、彼はひとつのミスも犯さなかった。


 エステバン、おめでとう。今日は天が彼に味方した。僕も自分のことのようにうれしいよ。彼はこの勝利に相応しいドライバーだ。僕も全力を出し切ったから、今夜はぐっすり眠れそうだ。チームは中団グループの中で、アルピーヌやアルファタウリといい戦いをしている。この夏休みはしっかり休んで、ベルギーでの戦いの再開に備えるつもりだ。

2021年F1第11戦ハンガリーGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)とエステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)とエステバン・オコン(アルピーヌ)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号