F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ウイリアムズがダブル入賞「長く苦しい時期だった。言葉が見つからない」とラッセル/F1第11戦

2021年8月2日

 2021年F1ハンガリーGP決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは9位、ニコラス・ラティフィは8位だった(暫定結果)。ウイリアムズが入賞したのは2019年以来のこと。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=9位
 チームにとって本当に良かったよ。ちょっと言葉が見つからないくらいだ。信じられないようなレースだった。特に最後のスティントは、キャリア全体を通じてのベストパフォーマンスだったかもしれない。もう無我夢中で戦って、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンを抑えきったのだから。


 本当にうれしいことで、みんなも同じ気持ちだと思う。僕にとってこの2年半、チームにとって3年半は、とても長く苦しい時期だったから、このポイント獲得はチームの努力に相応しい報奨だ。ニコラスもすごくいい仕事をした。彼は素晴らしいスタートを決めて、最後まで文句なしのドライブをした。8位と9位でのフィニッシュは、もうこれ以上は望めない最高の結果だったと思う。

2021年F1第11戦ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=8位
 チームにとって素晴らしい結果だ。みんなにとって本当に良かったと思う。ここ何戦か、チームはポイント獲得まであと一歩に迫っていた。こうして2台がポイントフィニッシュを果たして、選手権でも8位に浮上するなんて最高だよ。


 僕自身のレースはマネージメントがとても難しかった。もちろん、僕の今日の運命を決めたのは、スタート直後のターン1での出来事だけどね。予選ではかなり苦戦したから、これほどの成績でレースを終えるなんて、僕たち自身の最善の予想さえ超えている。ともあれ、夏休みの迎え方としては文句なしだね。



(autosport web)




レース

6/8(土) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/9(日) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/10(月) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン194
2位シャルル・ルクレール138
3位ランド・ノリス131
4位カルロス・サインツ108
5位セルジオ・ペレス107
6位オスカー・ピアストリ81
7位ジョージ・ラッセル69
8位ルイス・ハミルトン55
9位フェルナンド・アロンソ41
10位角田裕毅19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング301
2位スクーデリア・フェラーリ252
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム212
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム124
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム58
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム28
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム5
9位ウイリアムズ・レーシング2
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP