F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「金銭面でもポイント面でもダメージは大きいが、我々には強力なパッケージがある」F1第11戦決勝

2021年8月2日

 2021年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは10位(暫定結果)、セルジオ・ペレスはリタイアに終わった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 こんな形で週末を終えることになり、非常に悔しい。だが、選手権首位との差が10点以内の状況でサマーブレイクに入ることができる。まだまだこれからだ。


 残念なことに(バルテリ・)ボッタスがターン1へのブレーキングを遅らせすぎて、我々のマシン2台を戦いから脱落させた。チェコはその場でリタイアせざるを得なかったし、マックスのマシンの右側に大きなダメージがあったため、上位争うをするチャンスはなくなった。

2021年F1第11戦ハンガリーGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP 決勝スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 だが、今回もメカニックたちはマックスのマシンをレースに戻すために驚異的な仕事をしてくれた。気温の面で厳しく、非常に限られた時間のなかで、パイプを整え、右側の修理を最大限に行わなければならなかった。その上彼らは今回も最速ピットストップを達成してみせた。彼らの功績は非常に大きい。


 今日チェコが走れなかったことも残念だ。好スタートを決めていたし、彼はマシンにも自分のレースペースにも自信を持っていた。マックスは大きなマシンダメージによりダウンフォースを失った状態で懸命に戦い、1点をつかんだ。これがシーズン終わりに大きな意味を持つことになるかもしれない。


 今日失ったものは大きい。コストキャップ規則が導入されているため経済的に響くし、ポイント面でも痛い。また、チェコのエンジンが再使用可能かどうか、ホンダに調べてもらう必要がある。

2021年F1第11戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 一方でポジティブな点もたくさん見つけて、サマーブレイクに入ることができる。ここ数年の我々のパッケージのなかで今年のシャシーとパワーユニットは最も競争力が高い。それによって今季ここまで6勝を挙げた。チームの全員がやる気に満ち溢れている。これから数週間の休暇をとり、充電した後、後半戦の戦いに挑む。


 今のように接戦のタイトル争いを我々は過去に経験してきた。何ひとつあきらめるつもりはない。両選手権のトップ2のポイント差はまだ非常に小さい。今年の後半戦は最高のものになるだろう。戦う準備はできているよ。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号