F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:チャンピオンシップの激しさを体現したトップ2台の接触

2021年7月27日

 フォーミュラ・ニッポンの元チャンピオンで、現在はスーパーGTでニスモのワークス車両でGT500を戦い、スーパーフォーミュラではチーム監督としてKCMGを率いる松田次生がF1について語る連載企画。今回は2021年第10戦イギリスGPを振り返ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の注目どころは、なんといってもハミルトンとフェルスタッペンの接触でしょう。僕は、あれは五分五分だと思いますね。ハミルトンも熱くなりすぎていたし、フェルスタッペンも楽観しすぎているかなと。その直前でふたりは結構激しいバトルを展開していて、ハミルトンとしては、フェルスタッペンの押さえ方に関してカチンときていたのではないかと予想します。

 接触の瞬間は、完全に並んでいたわけではないけど、相手が見える位置。フェルスタッペンからしたら少しあけつつ入っていったけど若干足りなかった。ハミルトンは一度アクセルを緩めているけど、フェルスタッペンが切ってきて、そこへ自分も少しアンダーを出してしまった。

 まあ、10秒ペナルティは妥当だと思いました。ハミルトンは、いったん引いて、もう一回どこかで仕掛けることも考えられたけど、予選レースを見ている限り無理だったと思います。序盤が勝負という感じでしたから。

 その後、ルクレールも同じ状況になりましたが、フェルスタッペンはルクレールのようにアウト側まで逃げるのはありだったかもしれませんね。あそこまでやれとはいいませんが、少なくとも当たらずにすんだ可能性は高いです。

 それにしても、徐々にチャンピオンシップが激しくなってきましたね。この先、当て合いのレースにならなければいいなと思います。タイトルを争うと遺恨は残るもの。でも逆にいえば、フェルスタッペンとホンダがようやくそういう状況に持ってこれたともいえますね。もっとバチバチやってほしいです。もちろん、相手をリスペクトしたうえで。

 今回は、土曜に予選レースが行なわれ、レース展開も予想以上に動きがありました。このフォーマットは悪くなかったと思いますね。そのなかでアロンソが目立ちました。スプリントである予選レースの意味合いをよく理解して、ソフトタイヤで見事にジャンプアップ。ああいうギャンブルが打てるのも、アロンソらしいなと思いました。

 逆に精彩を欠いたのがペレスです。おそらく前車のタービュランスの影響だとは思いますが、単独スピン。あんなダメなペレスは久しぶりでした。おかげでレッドブルは0ポイントに終わり、コンストラクターズタイトルではメルセデスに4ポイント差まで詰められてしまいました。

 今回は、絶対に落とせないレースをハミルトンは獲り、メルセデスは少し流れを変えることができました。前半戦のラストとなる次戦ハンガリーでは、お互いが死に物狂いでくるのではないかと思います。夏休みに入るのに、ライバルより上にいるか下にいるかで大きく変わってきますからね。

(Tsugio Matsuda)

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号