F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン車のダメージを心配するレッドブルF1「金銭的にもタイトル争いにおいても、痛いアクシデント」

2021年7月22日

 F1第10戦イギリスGPでのマックス・フェルスタッペンの大クラッシュによって、どれだけの経済的損失を被ることになるのかを評価するため、レッドブルはファクトリーで詳細な調査を行っている。


 バジェットキャップが定められている今年、アクシデントによりマシンの修理に出費が必要になると、マシン開発などその他の計画に影響が出る可能性がある。


 エミリア・ロマーニャGPで、バルテリ・ボッタスがジョージ・ラッセルにヒットされ、マシンが大破した後、メルセデス代表トト・ウォルフは多額の損失を嘆き、それが今後の開発に影響する可能性を認めていた。

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝 バルテリ・ボッタス(メルセデス)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がクラッシュ
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝 バルテリ・ボッタス(メルセデス)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がクラッシュ

 レッドブルは、大破したRB16Bを修復するためのコストを見積もり、予算上限1億4500万ドル(約160億円)のなかに収まるよう、他のどこでコストを削るのかを検討しなければならない。


 サーキットでの初期調査の段階では、ギヤボックス、トランスミッション全体、ステアリングシステム、ハイドロリックシステム、冷却システムなどの交換が必要で、モノコックにも影響がおよんでいると予測されている。シャシーはミルトン・キーンズのファクトリーに戻され、パワーユニット(PU/エンジン)はホンダのファクトリーで、どのパーツが再利用可能かについてそれぞれ詳しい調査が行われる。

2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 モノコックが修理可能な場合も慎重な判断が必要になる。修理する場合、カーボンファイバースキンを何層が追加することになり、オリジナルのシャシーよりも重量が増すからだ。そのため、パフォーマンス面を考えると、追加の費用をかけて、新しいモノコックを用意する方がいい場合があるのだ。


 パワーユニットが致命的なダメージを負っていた場合、フェルスタッペンは早々に3基目のパワーユニットを使用しなければならなくなる。そうするとシーズン中に基数制限を超えて、グリッド降格ペナルティを受けることは避けられない。


 ホーナーは「経済的にも、もしかするとスポーツ面においても、非常に高くつくアクシデントだ」と述べている。現在、チームは詳細な調査を行っているはずだ。



(Grandprix.com)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号