F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハースF1代表、シューマッハー移籍のうわさを改めて否定「詳細を詰める必要があるが、すべてはクリア」

2021年7月22日

 ハースのギュンター・シュタイナー代表がインタビューに応え、所属ドライバーであるミック・シューマッハーのアルファロメオ移籍の噂について、明確に否定した。


 先週、本サイトでも報じたミック・シューマッハーのアルファロメオ移籍の噂。これはキミ・ライコネンが今季限りで引退し、その空いたシートにミック・シューマッハーが移るというものだ。今回ハースのギュンター・シュタイナーがインタビューに応じ、代表自らこの件について語った。


 ドイツの放送局RTLにリモート出演したシュタイナーは、シューマッハーのアルファロメオ移籍について問われると「それは単なる噂に過ぎない」と一蹴。「現時点では来年も同じドライバーのペアでレースすることになりそうだ」と明言し、「まだいくつか詳細を煮詰めなければいけないが、すべてはクリアだ」と交渉が順調に進んでいることを強調した。


 また、これまで進退についてはコメントを避けてきたミック自身からも、来季に関わる発言がなされた。ドイツのauto motor und sport誌のインタビューに答えたミックは、残留を明言こそしていないものの、ハースの来季型マシン開発に深く関与していると語った。


「2022年のプロジェクトに向けて、すでにファクトリーのエンジニアたちと密接に協力している。僕はそこに全面的に関わっているよ」


 2021年はマシン開発を行わず、車両レギュレーションの変更される2022年型マシンにリソースを集中してきたハース。前述のインタビューではシュタイナー代表も、「今のところ、我々がアルファロメオと同等かそれ以上になるかはわからない。しかし彼らはいい仕事をやってくれている」と語り、控えめながらもその仕上がりに自信を覗かせている。


 ミックの移籍先と噂されるアルファロメオの名前を出しながら、来季への期待を覗かせるシュタイナー代表。しかし彼はマシンの戦闘力以外の点においても、シューマッハーにとってはハースにとどまることにメリットがあるとし、改めて移籍の可能性を否定した。


「彼はチームのみんなを知っているし、私達の物事の進め方も知っている。安定した結果を出すためにも、ミックにとって重要なのは同じチームにとどまることだ」

2021年F1第10戦イギリスGP ミック・シューマッハー、ニキータ・マゼピン(ハース)
2021年F1第10戦イギリスGP ミック・シューマッハー、ニキータ・マゼピン(ハース)



(autosport web)




レース

7/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/31(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/1(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン185
2位ルイス・ハミルトン177
3位ランド・ノリス113
4位バルテリ・ボッタス108
5位セルジオ・ペレス104
6位シャルル・ルクレール80
7位カルロス・サインツJr.68
8位ダニエル・リカルド50
9位ピエール・ガスリー39
10位セバスチャン・ベッテル30

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位レッドブル・ホンダ289
2位メルセデス285
3位マクラーレン163
4位フェラーリ148
5位アルファタウリ・ホンダ49
6位アストンマーティン48
7位アルピーヌ40
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第11戦ハンガリーGP 8/1
第12戦ベルギーGP 8/29
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第10戦イギリスGP号