F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「ハミルトンへのペナルティは出場停止が妥当」レッドブルF1、抗議の可能性を検討。規則変更も求める

2021年7月21日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタントを務めるヘルムート・マルコは、F1第10戦イギリスGPでマックス・フェルスタッペンと接触したルイス・ハミルトンへのペナルティが軽すぎるとの不満を持ち、より重いペナルティを加える可能性について、弁護士の力を借りて調査していると明かした。


 オープニングラップ、首位を争うなかで2台はコプスで接触、フェルスタッペンはコースオフし、激しくウォールにクラッシュ、その場でリタイアとなった。衝撃が大きかったため、病院で検査を受けた結果、幸いフェルスタッペンにけがはなかったことが確認され、日曜夜に退院が許された。

2021年F1第10戦イギリスGP 現地で流れたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のクラッシュの映像
2021年F1第10戦イギリスGP 現地で流れたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のクラッシュの映像

 レースに残ったハミルトンには、スチュワードから10秒のタイムペナルティが科された。ハミルトンはピットストップでそれを消化した上でプッシュし続け、残り数周のところでシャルル・ルクレール(フェラーリ)をかわし、優勝を手に入れた。

2021年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝
2021年F1第10戦イギリスGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝

 レッドブル上層部は、スチュワードの判決に不満を持ち、マルコはハミルトンは危険な行為をしたとして、出場停止にすべきだと発言している。


「彼(弁護士)が、競技規則の枠組みのなかで、この状況で何ができるかを確認してくれる」とマルコが語ったと、オーストリアの『Kronen Zeitung』が伝えた。


「マックスが深刻な事態に陥らずにすんで非常に幸運だった。マシンは壊れたし、もしかするとエンジンも壊れているかもしれない」


 レース直後、チーム代表クリスチャン・ホーナーは、ハミルトンはダーティなドライバーであり、アマチュアだと強く非難。スチュワードの裁定をひっくり返すのは難しいかもしれないと認める一方で、抗議をする可能性について検討していくと語っていた。

2021年F1第10戦イギリスGP スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第10戦イギリスGP スタート直後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

 マルコも、現在のレギュレーションでは制限があると認め、規則改正を望んでいる。


「出場停止なら理にかなっている。だが、比較的制限のあるレギュレーションにも責任があるかもしれない」
「スチュワード制度を含め、規則を改正するべきだ」


「(セルジオ・)ペレスはオーストリアで、軽い接触があったことで、5秒のペナルティを2回受けた。あの接触では誰も飛び出していない」


「ハミルトンに、ドライブスルーペナルティに加えて10秒を加算することもできたはずだ。だが彼らはそれをしなかった」


「マックスはライン上を走っていた。ハミルトンはあの位置にいるなら、スロットルを戻すべきだった。高速コーナーでライバルのリヤホイールにヒットするようなことは許されない。軽い接触でも重大な結果が起きる可能性があるのだ」


「無責任な行為だ。ハミルトンはどういう結果がもたらされるのかを知る必要がある」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号