F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン、僅差の予選2番手「フロントの違和感に悩まされた。解決して挽回したい」/F1第10戦

2021年7月17日

 2021年F1イギリスGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=1番手/予選=2番手だった。


 ルイス・ハミルトン(メルセデス)の予選最速タイムとの差は0.075秒。フェルスタッペンは土曜のスプリント予選をフロントロウからスタートする。

2021年F1第10戦イギリスGP 予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と1番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第10戦イギリスGP 予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と1番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン
フリー走行1=1番手(1分27秒035/23周)
予選=2番手(Q1:1番手1分26秒751/Q2:2番手1分26秒315/Q3:2番手1分26秒209)


 明日(のスプリント予選を)先頭からスタートしたかったので、がっかりしている。でも、メインレースのグリッドを決めるスプリント予選も決勝もこれからなので、そこで取り戻したいと思う。


 マシンのハンドリングはとても良かった。ただ、アンダーステアがひどくてコーナーでフロントがグリップするのを待っているような状態で、しっかりアタックすることができなかった。


 走っていて変な感覚があったが、セットアップやフロントウイングの影響ではなく、フロントタイヤによるものだと思う。これから調べてみるが、特に大きな問題ではない。


 このサーキットではメルセデスがとても強いと予想していたので、これほど僅差なのはいいことだ。レースパフォーマンスが優れたマシンだから、土日に向けて自信を持っている。


(会見で語り)マシンの競争力はとても高いと思うし、全体的にグリップも高かった。でもコーナーではフロントのグリップがなかった。フロントタイヤがとても変な感じで、グリップを与えてくれないんだ。何が起きたのか調べる必要がある。いくつか試してみたけれど、予選の間、フィーリングはあまり改善しなかった。


 予選での変な感覚を解決することができれば、(土日に)いい仕事ができるはずだ。

2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)



(autosport web)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 25:30〜26:30
フリー走行2回目 翌5:00〜翌6:00
10/23(土) フリー走行3回目 翌3:00〜翌4:00
予選 翌6:00〜翌7:00
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号